FC2ブログ
自分の健忘録的な日記です。

ブログトップ

ファブリースノコギリクワガタの産卵セットをバラしました。

ファブリースノコギリクワガタの産卵セットは8月1日に組みました。

私としてはまだまだセットをバラシたくはなかったのですが、

またもや......。

親♂は83、84と中々のサイスを使っています。

来季は85越えを目標に頑張ります!!。


それで問題の産卵セットですが

200924-02.jpg

またしてもキノコがニョキニョキと!!。


ケースをひっくり返しました。

200924-03.jpg

親♀が居ますね。


200924-04.jpg

ニョロと卵が見えます。

まぁ~、セットをバラス前から確認はしていましたが、

まだまだ卵ばかりだったのでバラす気はなかったんですよね。


200924-05.jpg

2ニョロと30卵ぐらいです。

全部孵化したら大変なことになりますね...。


でも、もう1セットあるんですよね...。


200924-07.jpg

蓋を取ったら凄い事になっています。

どんだけ掘り進んで暴れているんでしょう?。


200924-08.jpg

結果は2幼虫と20卵越えです。

う~ん....。

なんぼ私のメイン種とはいえ、多すぎですね!!。

最近、孵化率は悪い方なので半分ぐらいですかね?。

新しい血を入れないといけないのかな?...。


スポンサーサイト



ブログトップ

ラフェルト産卵セット組んだよ

ラフェルトノコギリクワガタの産卵セットを組みました。

200910-1.jpg

これはペアリング風景。

結局32g超の幼虫は79でした。

勿論、私の飼育記録は大幅に更新しました。

皆さんはクワガタのサイズってどのように測りますか?。

私は最小サイズが基本かな。

顎を広げての最大サイズでは計測していません。

無理やり80といえば言えなくもないですが、79にしておきます。

夢の80超は来季に頑張ります。

通常であればペアリング期間は長く取る方なのですが、

今回は短めにしてみました。


200913-1.jpg

こんな感じで2セット組みました。

マットだけのセットです。


何日か後には卵を確認しましたが、なんか微妙かもしれません...。

ペアリング期間が短かったかもしれませんね...。


今回のメスも産卵に関してはダラダラモードの様ですね。

ラフェルトは元々だらだらと産卵期間が長いかもしれませんね。



ブログトップ

OH,NO!!

フォルフォルが自力ハッチして、餌喰いも良くなってきたので

ペアリングさせようと思い、

一応念の為にオスの顎を縛りました。

小さいけれど、1ペアしか居ないので。

200910-2.jpg

後は♀を入れるだけです。



メスを入れようとメスのケースを開けると

200910-3.jpg

えっΣ(゚д゚lll)、なんで!!。

あんなに元気だったのに、メスが急死していました。

マジか、ショック過ぎます。


フォルフォルは、虫友の『もっちさん』からニョロを5匹頂いたものです。

1ニョロは割と早い段階で★に。

1匹は蛹化不全で★に。

1匹は羽化不全で★に。

なんとか揃った1ペアだったのに.....。

『もっちさん』折角頂いたのに、こんな形になってしまい申し訳ございませんm(_ _)m。



ブログトップ

'20 昆虫採集 part-7&8 (20.08.22&09.06)

自分自身の健忘録である。


part-7 (20.08.22)

この日は、先日に下見をした場所に親戚と向かった。

その場所に行く手前に気になる所が有るので、少し探ってみることにしました。

けれど、なんか虫っけがありません。

居てもおかしくない木を1本見つけましたが、カブクワは居ませんでした。


先日クワガタを見つけた所まで移動する事に。

ありゃ、クワガタの姿がありませんね...。

先日は10数匹の姿を確認していましたが、今日はカブト♂1匹だけでした。

近場も探しましたが、カブクワが付いていた形跡は有るのですが姿は有りませんでした。



少し場所を変えてみることに。

何年か前に、通りすがりでクワガタを見つけたポイント近辺を探ってみます。

何匹かの姿を確認して、ミヤマ♂を数匹採集しました。


また場所を変えてみます。

何本か付いていた形跡の有る木を見つけるのですが、ことごとくクワガタの姿はありません。

なんで???。

移動中にクワガタの付いていた木を発見しましたが、その後が続きませんね。


また大幅に場所を変えてみました。

全くの土地勘が無いものですから、上手く見つけられませんね。

付いていた木を見つけましたが、単発に終わりました。


う~ん、でもこれだけ付いているであろう木を見つけているのに採集出来ないとは...。

もう季節的に居なくなっているのか?、採集された後なのかは分かりません。

もう少し時間を掛けて探してみないといけない感じですね。




part-8  (20.09.06)

この日も親戚と出かけたのですが、今回初参戦の親戚です。

前回の時も誘ったのですが、タイミングが合いませんでした。

なので今回行く事になったのですが、いかんせんシーズン的に厳しいものがありますね。

事前に厳しいよと伝えたら、採り方などを教えてもらえばいいですとの返事でした。

現地に着くと案の定居ませんね..."(°°;)""((;°°)"

探し方、付く木などを教えながら探していきますが、

全然居ません。

シーズン終了間際だといっても、もう少し採集出来ると思っていたのですがね。

全部で10匹は採れなかったと思います。

採集場所から戻ってきて、親戚の家の傍でレイクチャーして下さいとの事。

軽く流してみることに。

何匹か確認をして、付きそうな木なども教えて終了しました。



う~ん、今年はあまりパッとしませんでしたね...。

量的にも型的にも。

今のホームは飽きてきたので(笑)、来年は新規開拓かな!!。

でも、新規開拓しても、だんだんと遠くなっていくんだよな!!。













ブログトップ

粒あんおはぎの中からwww

タイトル通り、粒あんおはぎの中から出てきました。

200815-2.jpg

これを飼育している人、あるあるですね。

粒あんおはぎ!!。

8月15日に2匹。

200815-5.jpg




8月28日に

200828-3.jpg

真ん中の2つの繭玉も覗き窓が空いているので割っちゃいましょう。

200828-4.jpg

見て分かる通り、左の個体はシロヘリが無いですね。

右から2匹目、一見ノーマルですが、青が入っているんですね。

色が濃いのと前足が青いですね。


200828-5.jpg

ヘリが無いとアオカナブンみたいですね!!。


シロヘリも今やマット処理班の地位のなってしまいましたね。

どれぐらいの幼虫が居るのか分かりません。

上の画像は、ほんの一部ですから。

羽化し過ぎて困るのは目に見えています!!(苦笑)。


ブログトップ

2週間

ド・ノーマルの道産カブトムシの産卵セットを8月16日に組みました。

通常であれば、セット後1週間もしない内にメスを取り出すのですが、

タイミングが合わずに2週間経ちました。

まぁ~産んでいても貰い手が有りそうなので心配はしていなかった為です。


去年は2セット組んで、1週間でメスを取り出しました。

2セットで70以上は取れていました。


今回は、どうでしょうかね?。


1セット目、

あれっ?!、もしかして産んでいない??。

全く産んでいないかもと思ったら、4卵見つかりました。


2セット目、

こちらも産んでいない?と一瞬思いましたが、ポツポツ卵が出てきて16卵。


200828-2.jpg


合計20卵という結果に。


もう少し欲しいので再セットしました。


生き物相手、これだから分からない。


今までと違うのは、今年のセットは追い掛け無しの持ち腹という所。

でも、2セットとも産卵はしているのでそのせいではなさそうですね。

マットが合わない?、気温が高すぎ?。

理由は分からないですね。




ブログトップ

insect collection on the night (後編) '20 昆虫採集 part-6 (20.08.13)

はい、タイトル通り夜の昆虫採集です。

今年初めてですね。


ほぼ、夜の採集はしないのですが、

ボンズくんが去年から行きたがっていましたので、

希望を叶えるために行ってきました。


何故、夜の採集をしないのかと言うと、

子供がまだ小さいので(もう大きいが)、

教育的観点から夜遅くまで出歩くのは良くないと思っているからです。


それと、わざわざ夜に捕りに行かなくても昼間で十二分に採集出来るから!!(笑)。

『前編』は←クリック。




それでは、後編です。

前編の下見が終わって、思ったよりも時間が余ってしまいました。

目的地に向かって進んで行く途中でも新規開拓しようと思っていたら、

木がある所を全く通らずに目的地に着いてしまいました。



時間がありすぎるのでボンズくんにどうする?と聞いた所、

とりあえず採集するというので採集する事に。

折角、夜の採集に来たのに、

もしかしたら肝心の夜に採集出来ない可能性もありますが...。



それでは一旦採集してみましょう。

う~ん、やはり採集しやすいところにはカブクワの姿がありません。

まぁ~子供は夏休み中で、親もお盆休み期間ですから、

沢山の人達が採集に来ているんでしょうね。

薮が倒れて、すでに道が出来ています。

1週間前まではこんな感じでは無かったと思う。


200813-17.jpg
200813-18.jpg

200813-20.jpg200813-21.jpg

200813-22.jpg

200813-23.jpg

う~ん、この画像はなんだろう?。

虫は写って無さそうですね。

こんなに樹液痕があって、カブクワが沢山付いていた形跡が有るのに

全然居ないなんてね。


200813-24.jpg200813-25.jpg

途中で顎が折れちゃっていますね。



200813-26.jpg

200813-27.jpg

200813-28.jpg

ノコギリはノコギリでもノコギリカミキリですね。


200813-29.jpg

200813-30.jpg

200813-31.jpg200813-32.jpg

画像は明るく見えますが、徐々に光源が減ってきて

シャッタースピードが遅くなり手ブレしてきています。


200813-33.jpg200813-34.jpg

200813-35.jpg200813-36.jpg

やはり人が入っていない所に行くと沢山居ますから

かなりの採集圧が掛かっているのでしょうね。


200813-38.jpg

短時間の簡単に採集出来る場所しかしていませんが、

それなりに採集出来ましたね。

スジクワガタの姿が激増しました。

もう秋ですね!!。


200813-40.jpg

空を見上げると飛行機雲が。

雲の感じも夏とは違いますね。



一旦夕食を取るために山を降ります。



夕食を取り終えましたが、まだ少ししか時間が経っていないので、

車から直ぐに採集出来るポイントに向かって時間を調整します。


200813-47.jpg200813-50.jpg

200813-51.jpg

200813-52.jpg

200813-53.jpg

200813-54.jpg

まぁ~そこそこ採れました。



これ以上は時間を潰せそうにも無いので、

夕方に採集したポイントに向かってみました。


200813-55.jpg

ここはこの地域では誰でも知っているだろうポイントです。

カブ♀が居ました。

泥が付いているので、昼間は土の中に潜っていたのかな?、

それとも産卵していたのでしょうか?。

それにしても1匹か!!。

他の所で時間を潰している内に、他の採集者に採集されていたのかな?。



それでは本命の少し歩いていかないといけない所に向かいますか!!。

夕方に採集してから約3時間位経っています。

どれぐらい集まってきているのでしょうか?。

実はコレ、自分も気になっていた所なんです。

その為に、夕方に採集した個体はまだリリースしていません。

なので集まっているとしたら、新規に樹液にやって来た個体です。

200813-58.jpg

200813-59.jpg

200813-60.jpg

思っていたより集まって居ますね!!。

沢山生息している森はこんな感じなんですね!!。



200813-62.jpg

約3時間後にやって来て、これだけ採れました!!。

1本の木でこれだけですからね!!。

この森のポテンシャルには驚くばかりですね。


こんな感じの結果になり、なるほどねぇ~!!と思った次第であります。


スジクワちゃんを少しキープして、

その他は夕方に採った分も合わせてリリースです。



それでは時間も遅くなりましたし、安全運転で帰りますか。


帰りの道中、何故か車の中でブーンと音が!!。

どうしてか分からないけれど、♂カブが飛んでいました!!(苦笑)。






ブログトップ

insect collection on the night (前編・下見編) '20 昆虫採集 part-6 (20.08.13)

はい、タイトル通り夜の昆虫採集です。

今年初めてですね。


ほぼ、夜の採集はしないのですが、

ボンズくんが去年から行きたがっていましたので、

希望を叶えるために行ってきました。


何故、夜の採集をしないのかと言うと、

子供がまだ小さいので(もう大きいが)、

教育的観点から夜遅くまで出歩くのは良くないと思っているからです。


それと、わざわざ夜に捕りに行かなくても昼間で十二分に採集出来るから!!(笑)。




なので午後からの出発です。

とは言え、まだ時間的にはかなり早いので新規開拓に向かいました。


全く土地勘の無い場所ではありますが、この地域はかなり気になっていたんですね。


目星を付けていた辺りの道路を走っていきます。

う~ん...、私が採集の時に目印にしている木が有りませんね...。

それと、道路沿いに車を止めれる所が物凄く少ないです。

しかも、かなりの交通量が有るんですね!!。

後ろの車を何回か先に行かせましたが、次から次ですね...。

なので、後ろの車が気になり、遅い速度では走ることが出来ませんでした。

それにしても目的としている木が有りませんね。

違う種類の木を探さないと無理なのかな?この地域は。

そうこうしている内にかなり走ってきて、国道との合流の看板が見えてきました。

はぁは~!!、この国道に通じているのか!!。

それだもの交通量が多い訳だ!!。

この国道沿いも有望株ではあるが、こちらに進むとかなり遠くに行ってしまうので、

夜の採集に差し支えるのでそちらには行きません。


国道の合流付近まで来て、要約目的としている木が現れました!!。

その目的としている木の中に!!、発見!!!!。

時速50キロ近くで走っていても見つけられる時は見つけられるんです(笑)。


200813-4.jpg

それが、この木です!!。


200813-9.jpg

ご覧の様に、道路のすぐ脇の木です。



去年見つけた採集場所は藪漕ぎもするのですが、

私の本来の採集場所は、この様に道路脇の木なんですね(笑)。



この木を反対側から見ると

200813-10.jpg






200813-5.jpg

スズメバチが沢山居ます。

200813-7.jpg

200813-2.jpg

200813-1.jpg


この木にはパッと見た所、4匹居ましたね。

別に採集する気はないのでパッと見ただけです。



直ぐ傍の木を見てみると

200813-8.jpg

そこにも数匹のクワガタが居ました。



道路から5メートルぐらい離れた所に目的の木が沢山有りました。

200813-11.jpg

でも、ほんの少し藪漕ぎしないといけないし.....(笑)。

真剣に探せば沢山居そうな雰囲気が有りました。



道路からパッと見ただけで十数匹のクワガタが確認出来ました。


う~ん、でも思ったよりは発見出来ませんでしたね。


けど、初見でも外さない実積は続いているのでした。


『私、失敗しないので』  wwwww




う~ん、書いている内に面倒になってきましたね....。

夜の昆虫採集は後編にしちゃいます(苦笑)。

それでは、(*^-^*)ノ~~マタネー





ブログトップ

棚整理の為に割り出し。

棚のスペース確保の為にボトルの整理をしました。


もうかなり前に羽化しているビソン。


ありゃ、ビソンは初めての投稿なんだね。

初めての投稿で最後かも?(苦笑)。


だって、全て♀判定だったから.....。

だから、半分放置気味...(苦笑)。

200802-16.jpg

やっぱり♀オンリーでしたね。

判定間違えでオスを期待していたのは言うまでもないです(笑)。



2回目のセットにも何匹か幼虫が居ますので、

そちらに希望を繋ぎましょうかね。


そちらも何匹かは羽化しています。

産卵セットのままの幼虫飼育なので、何匹居るのかは分かりません。

オスが居るのかも分かりません(笑)。


どうなることやら。

出来れば累代したい所ですが、あまり産卵しませんでしたので

私には合わない可能性もあるんですけれどね...。






ブログトップ

メリー・セット解体

オキピのセットを解体したついでに、

メリーさんのセットも解体してみました。

200802-08.jpg

メリーさんは撤退候補なので、セットも気合を入れていません。

産んでいたら累代継続というスタンスです。



200802-09.jpg

右側の産卵木を取り除くと幼虫が!!。

右側には3本の産卵木を入れておいたのですが、

割ってみた所、幼虫は1匹しか居ませんでした。

先程のと合わせて2匹ですね。


200802-10.jpg

左側の産卵木は特大です。

直径20センチ以上あります(笑)。

気合を入れていないセットなのになんで?(笑)。

自己仕入れで、単に余っていたから。

太すぎて普通のセットには、ケースに入らずに使えないのである(笑)。

齧った跡はそこそこあったのですが、

なんと幼虫は居ませんでした。


合計2匹ですね(笑)。

でも、累代継続しちゃったりするんだよな!!(笑)。


欲しいのは失敗するし、

もう要らないのは成功するというジレンマ!!。

どうにかならないですかね?(笑)。



profile

per-k (perversity-kabutomushi)

Author:per-k (perversity-kabutomushi)
あることがキッカケで、カブトムシ採集と飼育をしています。
自己採集のクワガタも。
最近は外産にも手を出し始めています。
本格的なブリードは今年(2017)からの初心者です。

entry
comment
freearea
皆さんの更新状況
category
国産カブトムシ (24)
KI-BENI血統 (終了) (4)
道産子カブトムシ  (16)
道産子カブトムシ (KU産) (ボンズくん血統) (1)
道産子カブトムシ (KU産) (per-k血統) (2)
カブトムシWE (終了) (1)
外産カブトムシ (40)
アヌビスゾウカブト (終了) (0)
エレファスゾウカブト (7)
グラントシロカブト (終了) (3)
クリイロムナクボサイカブト(ピンギス) (終了) (2)
コーカサスオオカブト (終了) (1)
ゴロファ クラビゲールタテヅノカブト (1)
ティティウスシロカブト (1)
パウリアニ ヒメカブト (終了) (1)
ネプチューンオオカブト (3)
バラタスサスマタサイカブト (1)
フローレンシスニセヒメカブト (2)
ヘラクレス・オキシデンタリス (終了) (0)
ヘラクレス・ヘラクレス (終了) (3)
ボグティヒメゾウカブト (終了) (3)
マヤシロカブト (1)
ロンギチョンペルスミツノカブト (10)
ヨツボシヒナカブト (1)
国産クワガタムシ (25)
アカアシクワガタ (4)
アマミノコギリクワガタ (1)
オキナワノコギリクワガタ (3)
クメジマノコギリクワガタ (2)
クロシマノコギリクワガタ (1)
コクワガタ (1)
スジクワガタ (1)
トカラノコギリクワガタ (4)
ノコギリクワガタ (MA産) (ボンズくん血統) (1)
ノコギリクワガタ (道産) (終了) (6)
ミヤマクワガタ (道産) (終了) (1)
外産クワガタムシ (137)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 Blanchardi ) (終了) (2)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 castaneus) (4)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 pallidipennis) (3)
アンティローぺノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ウォレスノコギリクワガタ (原名) (6)
エレガントゥルスコクワガタ (亜種・不明) (3)
オキピタリスノコギリクワガタ (原名亜種) (5)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種・不明) (6)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種 surtur ) (3)
スツラリスノコギリクワガタ (原名) (5)
スペキオススシカクワガタ (終了) (1)
ゼブラノコギリクワガタ (亜種 nobuyukii ?) (5)
タランドゥスオオツヤクワガタ (15)
デキピエンスノコギリクワガタ (原名) (1)
ドルサリスノコギリクワガタ (原名亜種) (1)
ニジイロクワガタ (WE) (1)
パプアキンイロクワガタ (終了) (4)
ビソンノコギリクワガタ (亜種 cinctus) (1)
ビプラギアトゥスノコギリクワガタ (亜種・不明) (6)
ファブリースノコギリクワガタ (亜種 タカクワイ) (11)
フクスクノコギリクワガタ (原名) (3)
フルストファーノコギリクワガタ (亜種 colfsi) (4)
ブッダノコギリクワガタ (原名亜種) (2)
ブルイジンノコギリクワガタ (亜種 rufulus) (7)
フォルケプスノコギリクワガタ (1)
フォルスターフタマタクワガタ (原名亜種) (2)
フォルスターフタマタクワガタ (亜種 Kiyotamii) (2)
ベリコサツヤクワガタ (終了) (4)
メタリフェルホソアカクワガタ (終了) (3)
メリー・メンガタクワガタ (9)
モーニッケノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ラフェルトノコギリクワガタ (原名) (11)
ブンブン (10)
アオカナブン (再開) (3)
インカツノコガネ (終了) (2)
シロヘリオオツノカナブン (4)
ニジイロカナブン (1)
昆虫採集 (59)
雑記 (23)
菌床・マットなど (8)
飼育用品など (5)
通販やSHOPなど (1)
着弾!! (13)
プレ企画 (17)
増種 (1)
産卵セット (2)
archive
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

link
form
rss
fc2counter
copyright
北海道でカブトムシ