FC2ブログ
自分の健忘録的な日記です。

ブログトップ

やっちまったー(;>_<;)


やっちまったー(;>_<;)



目・鼻・のどにやさしい『低刺激』

って..........。


目には刺激が強すぎなんだけれど!!.....。

P1080403.jpg


まだまだ、まだまだなはず!!。


なので、完全に放置でした。


棚の奥で、チェックもしていなかった。




なんで蛹になっている!!。



あーぁー、角曲がりになっちゃっていました。


かなり大きいサイズなのにな。

残念です。


角曲がりなのは今更しょうがないですが、

このまま羽化まで持って行っていいのかな?。

人口蛹室に移したほうがいいのかな?。


この画像の他にもう1匹のオスが蛹になっていました。

それも角曲がりの様です。

ハッキリとは見えてはいません。


メスより先に蛹かよ。


でも、こんなに大きいんだから早期蛹化では無いんだろうな?。

期間としては早期ですがね。

短い時間で成熟したんだね。


残りもバックルケースに移しておいたほうが良さそうだけれど、

マットを買う予算が.........。

(*´д`;)…ハァ







 
スポンサーサイト

ブログトップ

待望のウォレスノコギリクワガタ♂が羽化するも...。



待望のウォレスノコギリクワガタ♂が羽化するも...。



なんか微妙.....。



P1080390.jpg

菌糸ビン交換して直ぐに蛹室を作成。

前蛹期間も長がったが、蛹の期間も長かったように思う。


上の蛹室は、私が拡張しました。

蛹の大きさに対して、余りにも蛹室が小さかった為。

長さを倍近く伸ばしました。


ん~、でも......。

蛹はあんなに大きかったのにな。

羽化したら微妙...。


羽化したてなのでサイズは測っていません。


なんかお尻が細すぎるんだよな...。


 P1080394.jpg

でも、私にしては良いサイズであることは間違いないんですけれどね。


ちなみにこれはオオヒラ系で飼育。

カワラ系で飼育していた幼虫の方が大きくて期待していたのですが、

カワラ菌糸が手に入らずに終了しました。

もちろんまだ生きてはいますけれどね。


これを種親にして、次世代に期待することにしましょうかね。


 

ブログトップ

今日は、詰め詰め。


今日は、午前中に届いた菌糸ブロックを詰めていました。


P1080382.jpg


まぁ~、何時もとは違いクリアボトルが大きいので楽勝ですね。

何用の菌糸かというと、こやつです。


P1080384.jpg

タランドゥスオオツヤクワガタの幼虫用です。

結構成長が良いみたいです。

室温30度以上で2週間以上の環境でしたが、

大丈夫みたいですね。


要約北海道も涼しくなってきたので、夜の間には26度位まで下がるようになってきました。

勿論、窓は全開ですけれどね。




追加を期待していたのですが、メスは植菌レイシ材の周りを何回もグルグルしていてだけで

材に潜りませんでした。

そして終了です.....、残念。


でも、最低限は確保出来たと思いますので

この幼虫達を大切に育てたいと思います。




問題は菌糸の確保だな。


何時も売り切れで手に入りにくいんですよね。





タラにはなんとか間に合いましたが、

ウォレスノコギリクワガタには間に合いませんでした。

結構いい感じの大きさに育っていたのにな。

残念だな。



それとカブトマットも詰めました。

まぁ~マットなんで.......、記事に書くことでも無いですね(苦笑)。


P1080383.jpg





ブログトップ

ビプラギアトゥスノコギリクワガタの産卵セット

ビプラギアトゥスノコギリクワガタの産卵セットを暴いてみると...。

P1080337.jpg

 P1080338.jpg

う~ん、卵が...

後、ド初令幼虫が.....。

まだ早かったか。


 P1080339.jpg

産卵木は結構齧っているので大丈夫かな?。


とは言っても、約一月前の事なので

もうそろそろ割り出さないとね。


時間が......。


コバエが湧いてしまっているので室内ではバラせないんですよね。



この所の暑さで産卵セットの様々なメスが死亡しています。


産卵セットもマットが温かくなっちゃってて、

かなりヤバイ状態かもしれませんね。







 

ブログトップ

クロシマノコギリクワガタ・羽化

『クワカブマイスターさん』から頂いた、

クロシマノコギリクワガタのニョロが羽化しました。



とは言っても、羽化したのは冬ですけれどね。




自力脱出した個体が2匹居ましたので、整理の為に全部を掘り出しました。





6ニョロ頂いていて、全て羽化したのですが.....。



P1080341.jpg

 P1080342.jpg


きちんとしたサイズで羽化しましたよ。



所で、クロシマノコギリってそういう種類だと思っていたのですが、

ノコギリクワガタの亜種だったんですね。

知りませんでした。


ちなみにトカラノコギリも勘違いしていましたけれどね(汗)。





もう1匹オスが羽化したのですが、不全でした。
 P1080343.jpg

これはこれで顎が凄いですけれどね!!。

 P1080345.jpg

でも、羽化不全ではないような気が致します。

右半分が全て麻痺しているんですよね。

その所為だと思われます 。

P1080344.jpg

このメスも右半分が麻痺していて、軽度の不全を起こしています。

前足に関しては符節も無く、前脚脛節も上手く形成されていないです。

2匹が右半身麻痺という事は遺伝的な要素が強いような気がいたします。

あくまでも素人考えですがね。


 P1080346.jpg

後は完品羽化のメス。


全部で♂2匹、♀4匹です。

その内、麻痺が♂1、♀1でした。


まぁ~累代は大丈夫でしょう。



 

ブログトップ

メリー・メンガタクワガタ産卵セット・掘り出し。

メリー・メンガタクワガタの産卵セットを割り出しました。

4月19日からセットを組みまして、6月9日にメスが★に。

6月21日に一回割り出してみましたが、まだ割り出すのが早そうでしたので

7月10日まで待って、割り出してみました。


P1080353.jpg

ありゃ、まだ早い??。



 P1080354.jpg

けれど、ケース側面の幼虫はそれなりに大きいので、全てを割り出してみる事に。


 P1080356.jpg

なんか、凄くバラつきが...。

全部で31匹でした。

思っていたよりも少ないですね...。



 P1080357.jpg

う~ん、オスだな!!。 




メリー・メンガタは幼虫や前蛹で落ちやすいんですよね...。

私だけでしょうか?。

半分ぐらいは落ちるような気が致します。



ブログトップ

曇天だけど暑かった(*´д`;)…

曇天だけど暑かったぁ~!!


今年初の本格的な採集。


とは言っても、2時間ぐらいですけれどね。



あまりの暑さに参ってしまって、途中でバテました。





今回はちょっと遠出。

車で約90キロ走行します。




目的地に着いたのがちょうどお昼の12時でした。


車を停めて、お昼ご飯を食べてました。





さぁ~て、様子を見に行きますか。




昆虫採集というよりも、カブトシーズンに向けてのリサーチがメインです。




180714-002.jpg

車を止めた所の木の上に♀クワを発見。





 180714-003.jpg

チビノコ♂




180714-004.jpg


ミヤマ♂



180714-006.jpg


スジクワ♂




180714-008.jpg

ここでカブトムシの♀を発見!!。


7月のカブトムシ採集は初めてだと思います。




何時もは8月過ぎにならないとカブトムシを見ていません。

場所や方向もバラバラのポイントを数箇所知っていますが、

全てにおいて、8月以降しかカブトムシが現れません。






180714-009.jpg




180714-010.jpg




180714-012.jpg 




180714-013.jpg




180714-016.jpg







180714-019.jpg




 180714-022.jpg

道路を挟んで右と左でこんなものでした。



かなりの数、おとししまいましたからねぇー.....。

居た数はこれの3倍以上でしょうね。





それにしても本当に蒸し暑くてヤバかったです。



 180714-024.jpg

上に来ていた服もビチョビチョ。

下に着ていた半袖は、搾れました。




もう既にちょっと無理な感じ...。

熱中症の一歩手前ぐらいでしょうか?。





車のエアコンをガンガンかけて、コンビニに直行です。

冷たい飲み物とアイスを買って、体の中からクールダウン。

それでも辛いわ...。







後は、採集は止めて見るだけに。


180714-025.jpg 



180714-026.jpg



180714-030.jpg



180714-032.jpg



180714-031.jpg



180714-037.jpg

 

180714-035.jpg






ここからの♂ミヤマは同一個体です。

 180714-040.jpg

180714-042.jpg

180714-044.jpg


180714-047.jpg

 






う~ん、イマイチぱっとしない。

去年みたく、『神の木』を見つけられるのだろうか?.......。










ブログトップ

MINAMIさんプレ企画、当選品着弾。

本日、MINAMIさんプレ企画の当選品が着弾しました。

セラっちさん』の協賛品に当選させて頂きました。


P1080349.jpg

ご丁寧に2重梱包です。

 P1080350.jpg

国カブは常温で大丈夫なので外に

 P1080351.jpg

発泡の中には沢山の幼虫が!!。


1.ラテラリスノコギリクワガタ 原名亜種
 フィリピン ミンダナオ島 マラグサン
 F4

2.アスタコイデスノコギリクワガタ
 ssp.パリジペンニス
 インドネシア 西ジャワ島
 F1

3.キルクネリウス・グアンクシィ
 (シカノコギリクワガタ)
 中国広西壮族自治区
 CBF3

4.バラタスサスマタサイカブト
 エチオピア
 CB

5.国産カブト ホワイトアイ
 【ぶりちゃん】さん血統


ゴロファ・クラビゲール



プレ企画の協賛品には無かった、ゴロファまで頂いちゃいました!!。


セラっちさん、この度は本当にどうもありがとうございました。

大切に育てさせて頂きます。


 

ブログトップ

懸案事項だった、フルストの保険のハーフ・セットを割り出し

懸案事項だった、フルストの保険のハーフ・セットを割り出しました。

P1080274.jpg

これです。

セットした事さえ忘れていた奴ですね。(前回の記事でも書きましたが)

保険だったので、マットも半分、産卵木も入れてません。

マットも程固程度の詰め方です。

これが思いの外、産んでいまして。 



割り出しです。



ありゃ、共食いをしていますね。

P1080276.jpg


共食いなどで数が減っているはずなのに、こんなに居る。

 P1080277.jpg




多頭飼育ケースで勝手に産卵して孵化した幼虫が 32匹。

きちんとした産卵セットはまだバラしていません。


はぁ~......ため息しか出ませんね.......。



他のセットはこれぐらい産んでいてもいいのですがね。

世の中上手く行かないものです。


在産み種ばかりなので産卵しているのかさえ分かりません。



要約ドルサリスノコギリクワガタをペアリングさせました。

これは苦労しないで産卵してくれるかな?。

こういう風に書いてしまうと、かなりの割合で失敗するんですよね(苦笑)。

でも、他の人の所でも上手く行っているみたいなので

割と簡単な種なのでしょうね。




ブログトップ

現行犯逮捕!!

現行犯逮捕!!です。

やっぱりね...。

何もかもが、後手後手になっております。


薄々は気づいていたさ!!。


最近姿を消してばかりだったから。


3/29にセットしたブルイジンノコギリクワガタを割り出してみました。


割り出しが遅すぎるのは分かっていますよ。


でも、他に優先してやらないといけないことが沢山有るので...。


かなり前から気づいてはいたんですよ。

大きい幼虫が次々と姿を消していましたから...。



P1080294.jpg

う~ん、齧っているのか微妙...。

 P1080295.jpg

産卵木を取り除くと幼虫が、でも1匹?少な!!。

 P1080296.jpg

産卵木はこんな感じ。

何匹かは潜っていますね。

 P1080297.jpg

最近、大きい幼虫が姿を消して、初令幼虫が見えだしたんですよね。

この現象は間違いなく『アレ』ですね。



ケースを叩いてマットを取り出してみると

 P1080299.jpg

現行犯逮捕!!です。

やはり思った通り子喰いしていましたね。

開けた時は食べている最中でした。

この画像では離れていますが

思った通りだいぶ食べられましたね。

分かってはいたんです。

サッサとセットをばらさない自分が悪いんです。

餌は切らさずにきちんと与えていましたよ。

まぁ~いちいち上に出てくるより、潜ったまんま食べれるもんね...。




割り出しの結果は。
P1080300.jpg

ガァ~ン.......。

大きいのが1匹しか居ないとは......。

確認できていただけで5~6匹は居たのにな。


しかも全部で13幼虫とはね.....。

しかもでかい幼虫はメスだしね...。

親メスなんかよりこんなに大きいのにね。


珍しくブルイジンノコギリクワガタは1セットしか組んでいないんですよね。

まだ2ペアが居ますので、産卵セットは組む気になれば組めるんですけれどね。

産卵木の中に数匹は居ると思うので、追加のセットは組まないかな???。

命取りになるかな???。

ブルイジンノコギリクワガタは、誰にも飛ばしていなかったように思うんだよな?。

飛ばしていれば、バックも出来るから良いんだけれどね。


悩みどころだな!!。




 

profile

per-k (perversity-kabutomushi)

Author:per-k (perversity-kabutomushi)
あることがキッカケで、カブトムシ採集と飼育をしています。
自己採集のクワガタも。
最近は外産にも手を出し始めています。
本格的なブリードは今年(2017)からの初心者です。

entry
comment
freearea
皆さんの更新状況
category
国産カブトムシ (19)
KI-BENI血統 (4)
道産子カブトムシ (15)
外産カブトムシ (32)
アヌビスゾウカブト (0)
エレファスゾウカブト (6)
グラントシロカブト (2)
クリイロムナクボサイカブト(ピンギス) (2)
コーカサスオオカブト (1)
パウリアニ ヒメカブト (1)
ネプチューンオオカブト (1)
バラタスサスマタサイカブト (1)
フローレンシスニセヒメカブト (1)
ヘラクレス・オキシデンタリス (0)
ヘラクレス・ヘラクレス (3)
ボグティヒメゾウカブト (3)
マヤシロカブト (1)
ロンギチョンペルスミツノカブト (9)
ヨツボシヒナカブト (1)
国産クワガタムシ (15)
アカアシクワガタ (4)
クロシマノコギリクワガタ (1)
コクワガタ (1)
スジクワガタ (1)
トカラノコギリクワガタ (1)
ノコギリクワガタ (6)
ミヤマクワガタ (1)
外産クワガタムシ (59)
アスタコイデスノコギリクワガタ 亜種 castaneus (3)
アスタコイデスノコギリクワガタ 亜種 pallidipennis (3)
ウォレスノコギリクワガタ (4)
スツラリスノコギリクワガタ (3)
スペキオススシカクワガタ (1)
ゼブラノコギリクワガタ (3)
タランドゥスオオツヤクワガタ (5)
ドルサリスノコギリクワガタ (原名亜種) (1)
ビプラギアトゥスノコギリクワガタ (2)
ファブリースノコギリクワガタ (タカクワイ) (6)
フルストファーノコギリクワガタ (フローレス島) (3)
ブルイジンノコギリクワガタ (5)
ベリコサツヤクワガタ (4)
メタリフェルホソアカクワガタ (3)
メリー・メンガタクワガタ (5)
モーニッケノコギリクワガタ (1)
ラフェルトノコギリクワガタ (7)
ブンブン (4)
アオカナブン (2)
インカツノコガネ (2)
昆虫採集 (41)
雑記 (17)
菌床・マットなど (7)
飼育用品など (5)
通販やSHOPなど (1)
着弾!! (5)
プレ企画 (11)
archive
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

link
form
rss
fc2counter
copyright
Author by per-k (perversity-kabutomushi)

Designed by マンゴスチンw

北海道でカブトムシ