FC2ブログ

ブログトップ > カテゴリ - 外産クワガタムシ

スウツウ、自力ハッチ

サバゲノコギリクワガタ亜種スウツウですが、

個別管理していたものの羽化は前回記事に書きましたが、

産卵セットのまま、飼育していたものが自力ハッチしていました。

190804sabage-1.jpg

産卵セットのままの多頭飼育なので、サイズは先ず先ずといった所でしょうか。

大きさの割に顎はいい感じで、中歯~大歯の間ですかね?。

この産卵せっとの中にまだ居るのかな?。

割り出していないので、あと何匹居るか分かりません。

この2匹で終わりかもしれませんね.....。

産卵木の中にまだ居るかな?......

まぁ~個別飼育の方でもペアが確定していますので、

取りあえずは安心かな?。

でも、何時も産卵させるのに手こずりますがね.....。


個別飼育の方も割り出してみるかな?。

このところの暑さで落ちていなければ良いのですがね....。






スポンサーサイト

ブログトップ > カテゴリ - 外産クワガタムシ

相変わらず、やっちゃっています.....。

今期、頑張って飼育しようと思っていたのに

既にヤっちゃっています.....。

もうダメだな...。

また来期頑張るか。

190714-11.jpg

190714-13.jpg

190714-14.jpg

190714-15.jpg

途中までいい感じだったのにな。

まぁ~やっちまったものはしょうがない。


でも、今年

要約80の壁を破って82まで行ったよ。

83を出そうと思っていたのに...。


ラフェルトもウォレスも予算不足のために

累代だけのマット飼育しかしていません。

この期に及んでファブもこれだと......。

まぁ~累代だけ続けばチャンスは有るか。



ブログトップ > カテゴリ - 外産クワガタムシ

玉砕!!.......。

玉砕、使い方を間違えているかな?。

美しく砕け散って死んだ訳では無いので、本当の意味からはかけ離れているんだろうな。

でも、現代では間違えた使い方、意味合いで使っていますよね。

まぁ、そういう意味合いです。


エレコクの産卵セットをバラしてみました。

4月29日にペアリング開始して、5月9日にセットしたものです。

ちなみに1♂、3♀です。

割り出すつもりはなかったのですが、

コバエが沸いたのと、粘菌が酷くなったので仕方無く割り出すことに。

大きめのコンテナボックスに材が入るだけ入れてのセットです。


190629-2.jpg

材は5本と半分を入れていたみたいです。

取り出した材の見た目は変わらなく見えますが、

状態は色々な材を投入しています。




190629-3.jpg

結構齧った跡がありますね。

どうなのでしょうか?。


190629-5.jpg

はい、

材を5本半使って、1♂3♀でセットを組んで、

取れたのは1ニョロだけです.....。



取れたら下さいと言っている人が2人ほど居るのですが、

残念です、

取れませんでした。


後、1セットあるのでそちらに期待しましょうかね。






ブログトップ > カテゴリ - 外産クワガタムシ

こんなはずでは.......

本文の前に、



-------------------------------------------------------------------------------------------------------

『MINAMIさん』主催の「みんなの合同プレ♪」が開催されます!!



10_1

ただいま応募受付中です。


要項は、こちらから。 ←ご確認の上、ご参加下さい。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------



タランドゥスオオツヤクワガタの菌床産卵セットを割り出しました。


本当はもう少し後にしたかったのですが、コバエが湧いてしまい精神衛生上宜しくないので

割り出しちゃいました。


190623-2.jpg



190623-3.jpg


ガバッと割って見ると幼虫の姿が!!。

取り敢えず産卵は成功していたみたいです。

幼虫の食痕が沢山見られます。

これは期待出来るのでしょうか!!。

次々と菌床を割っていきますが、

幼虫の食痕は物凄いのですが、

肝心の幼虫の姿が........。





190623-4.jpg

結果、5ニョロという寂しい結果に.....。


う~ん........。




ボトル産卵の卵が何個か孵化し出しましたので、

もう少し追加は出来ると思います。



その前に菌糸を注文して詰めないとね!!。




ブログトップ > カテゴリ - 外産クワガタムシ

スウツウ、羽化!!。

本文に入る前に...


----------------------------------------------------------------------------------------------------------

『MINAMIさん』主催の「みんなの合同プレ♪」が開催されます!!

って.......

既に開催しております!!。


10_1


要項は、こちらから。 ←ご確認の上、ご参加下さい。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------



去年12月に産卵セットを組んだサバゲ・スウツウですが

昨日待望のオスが羽化しました!!。

メスは既に羽化済みです。



見えづらいですが画像です。


190616-タラ・サバゲ3

少し色づいて来ましたね。

最初に見た時は、顎がまだ折れ曲がった状態でした。

なので、まだこんなに色が付いていなかったです。

190616-タラ・サバゲ4

顎もなかなかの物ですね。



後は、これから暑くなるので

休眠中に落とさないように気を付けないとね!!。



ブログトップ > カテゴリ - 外産クワガタムシ

タラ、次世代確保!!。

本文に入る前に...


----------------------------------------------------------------------------------------------------------

『MINAMIさん』主催の「みんなの合同プレ♪」が開催されます!!

って.......

既に開催しております!!。


10_1


要項は、こちらから。 ←ご確認の上、ご参加下さい。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------




さて、本題のタラ次世代確保ですが、

割り出し画像は無いのですが次世代確保出来ました。

植菌レイシ材の転がしで、セット期間は10日間。

全部で6ニョロでした。

1匹は、今月初めに産卵室の中に転がっていたので、

どうしようか迷いましたが、カワラ菌糸800へ。

やはりド初令だった為に菌糸にまかれてしまった模様.....。

先日割り出したレイシ材の中にもまだ小さいニョロが居たんですが、

それも800に投入した所、食痕が出てきません...。

なので4ニョロ確保というのが現実かな?。

190616-タラ・サバゲ1

800に入れたタラ・ニョロ。




後は、今年初めてボトル産卵セットを組んだのですが、

そちらにはエッグが見えていますので

多分大丈夫かと!?。

何故今年初めてボトル産卵セットを組んだかというと、

今まではボトルを切る勇気が無かった為!!。

だって、ボトルを切るなんて勿体無くて......(苦笑)。


それと今年初めてタラのエッグを見ました!!。

今まではレイシ材か菌床産卵で、幼虫になってから割り出しをしていたので

エッグは見たことが無かったんですよね。

今年はボトル産卵の壁越しにエッグを見る事が出来ました。

分かりづらいですが、画像を載せます。

190616-タラ・サバゲ6

190616-タラ・サバゲ7

上2枚は同一。

4~5位は有りそうです。



190616-タラ・サバゲ8

これは別のボトル。

ハッキリとは見えないのですが、10個近くは有りそうな雰囲気。


ボトル産卵の方はかなりの期間セットしていました。

本当は10日間~2週間位でメスを出したかったんですが

なかなか引っ張り出せ無い位置に居たものでね.....。

上記期間は私の場合であって、

沢山産ませたいので有れば1週間で引っ張り出して、次のセットですかね。


最初のレイシ材の4ニョロとボトルのエッグが孵化したらそこそこの数になりそうですね。

私のキャパ的には丁度良いか、少し多い位ですかね。

14匹が限界かな???.....。


けれど、確認していない菌床産卵セットが1つ。

先日、再セットした植菌カワラ材が1セット。

上のボトルから引っ張り出したメス2匹はどうしようかな?。

確実にキャパオーバーだよな...。

タラなら貰い手は居そうなので最セットしてもイイのだけれど....

悩みどころですなぁ~!!!!。









ブログトップ > カテゴリ - 外産クワガタムシ

パラパラと羽化

パプキンがパラパラと羽化しています。

前回、結局1ペアしか産卵しなくて、18ニョロ確保するも2ニョロは落ちてしまいました。


下の画像のオスとブルーのメスとをペアリングさせて産卵させました。

180917-015.jpg

親のオスはG血統×G血統だったのですが、この色で羽化。

メスはG血統×よりさん血統でした。

よりさんの所ではブルーは出なかったそうですが、家では2匹ブルーで産まれましたね。





それで今回羽化している個体ですが、真ん中の個体だけ見る角度で色が変わります。

色虫の撮影は難しいですよね.....。

190605795.jpg

190605798.jpg

190605803.jpg

190605806.jpg

この紫がG血統なのでしょうかね?。


真ん中の赤~オレンジ~緑に色が変わるタイプの羽化が多いです。

前回生まれたブルーは羽化していません。

ブルーは綺麗で良かったのにな!!。


この紫のペアで紫が固定されると良いなぁー!!。

難しいのかな?。

メスが少し黒っぽいんですよね...。

オスは綺麗な紫なんですがね。



パプキンの産卵セットのマットってどれがいいのですかね?。

おすすめなど有りましたら教えて下さい。






ブログトップ > カテゴリ - 外産クワガタムシ

ビミョ~......

5月9日にセットを組んだ、モーニッケノコギリクワガタですが

かなりビミョ~です。

190609878.jpg

齧っては産んで、齧っては産んでをしているようですが........


190609879.jpg

反対側も齧った形跡はありますが、こっちはイマイチな感じですね...。

ケースを見た時に産卵木の所に動かないメスが居たので、

死んでいるのかな?と思ったら、材を齧っている途中でした。

それで動かなかったんですね。

産む気は有るんでしょうが、びみょ~な感じではあります。



もうひと組ペアリングしようかな?。

それともダメならダメで諦めるか?。




一番の気がかりは、マットの劣化が気になります。

加水もしていないのにな.....。

やっぱりここのマットを使うのを止めようかな!!。

通販、送料が高すぎてね...。

でも、ダメなマット使うよりも、結果的には安上がりなのかな?。






ブログトップ > カテゴリ - 外産クワガタムシ

アンティローペノコギリクワガタ羽化

アンティローペノコギリクワガタが羽化しだしました。

パトラッシュ羽化ラッシュですね。


12月25日にセットを組みましたので、超速いですね!!。

早い奴は5月の頭に羽化していますのでね。

こんなに速いんですね。

初飼育なもので何も分かりません。

休眠は何れ位なのかな?。

アフリカンなので、休眠は長いんだろうな?...。

190525-1.jpg

この他にも何匹か羽化したのが居ますね。

それにしてもユミツノです!!(短歯)。

なかなか長歯は出ないですわ!!。

サイズはそこそこあるんですよ。

46ミリ有りますからね。

それで短歯とはね.....。

どうやったら長歯に育てられるのかな?...。


それにしてもアンティの幼虫はガリガリとウルサイですわ!!。

ケースやボトルやプリカが齧り跡だらけです。

プリカに至っては、穴が空きまくりで再使用不可になっています。





北海道、異常なまでに暑いです。

記録的な暑さに見舞われています。

あまりの暑さに飼育に影響が出ないことを願うのみですね。

休眠中の個体がヤバイかも?!。

産卵セットにも影響が有るでしょうね...。

それでなくても不調なのにね...。






ブログトップ > カテゴリ - 外産クワガタムシ

やっちまったよぉ~(^_^;)

やっちまったよぉ~(^_^;)


仕事が忙しいからとは言い訳がまし過ぎるのでしません。


私が悪いんです。


190512-01.jpg

終わったな(・ー・)オワッタナ・・・

いつの間にこんな風になっていた?。




まぁ~取り敢えず交換しました。


190512-02.jpg


左の幼虫は今回交換した幼虫。

右の幼虫は、左の幼虫の親世代です(笑)。

まだニョロしています。




左の幼虫の同期はこんな小さいのも居たりしますがね。

190512-03.jpg


オス判別していて800で飼育していた幼虫ですが、

1匹が♀だということが判明しました...。

まぁ~5匹オスが居ればいいか!!。

ファブは少し幼虫の数を減らしています。

それでも15匹位は居るかな?。


今季は少し大きいのを目指してみようかな?と思っていた矢先(苦笑)。

だから私には大きいのは無理なんですよね.....。







profile

per-k (perversity-kabutomushi)

Author:per-k (perversity-kabutomushi)
あることがキッカケで、カブトムシ採集と飼育をしています。
自己採集のクワガタも。
最近は外産にも手を出し始めています。
本格的なブリードは今年(2017)からの初心者です。

entry
comment
freearea
皆さんの更新状況
category
国産カブトムシ (21)
KI-BENI血統 (終了) (4)
道産子カブトムシ  (16)
カブトムシWE (終了) (1)
外産カブトムシ (38)
アヌビスゾウカブト (終了) (0)
エレファスゾウカブト (7)
グラントシロカブト (終了) (3)
クリイロムナクボサイカブト(ピンギス) (終了) (2)
コーカサスオオカブト (終了) (1)
ゴロファ クラビゲールタテヅノカブト (1)
ティティウスシロカブト (1)
パウリアニ ヒメカブト (終了) (1)
ネプチューンオオカブト (1)
バラタスサスマタサイカブト (1)
フローレンシスニセヒメカブト (2)
ヘラクレス・オキシデンタリス (終了) (0)
ヘラクレス・ヘラクレス (終了) (3)
ボグティヒメゾウカブト (終了) (3)
マヤシロカブト (1)
ロンギチョンペルスミツノカブト (10)
ヨツボシヒナカブト (1)
国産クワガタムシ (18)
アカアシクワガタ (4)
オキナワノコギリクワガタ (1)
クメジマノコギリクワガタ (1)
クロシマノコギリクワガタ (1)
コクワガタ (1)
スジクワガタ (1)
トカラノコギリクワガタ (2)
ノコギリクワガタ (道産) (終了) (6)
ミヤマクワガタ (道産) (終了) (1)
外産クワガタムシ (110)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 Blanchardi ) (1)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 castaneus) (4)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 pallidipennis) (3)
アンティローぺノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ウォレスノコギリクワガタ (原名) (6)
エレガントゥルスコクワガタ (亜種・不明) (2)
オキピタリスノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種・不明) (5)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種 surtur ) (3)
スツラリスノコギリクワガタ (原名) (5)
スペキオススシカクワガタ (終了) (1)
ゼブラノコギリクワガタ (亜種 nobuyukii ?) (5)
タランドゥスオオツヤクワガタ (11)
デキピエンスノコギリクワガタ (原名) (1)
ドルサリスノコギリクワガタ (原名亜種) (1)
パプアキンイロクワガタ (3)
ビプラギアトゥスノコギリクワガタ (亜種・不明) (6)
ファブリースノコギリクワガタ (亜種 タカクワイ) (9)
フスクスノコギリクワガタ (原名) (2)
フルストファーノコギリクワガタ (亜種 colfsi) (4)
ブッダノコギリクワガタ (原名亜種) (1)
ブルイジンノコギリクワガタ (亜種 rufulus) (6)
ベリコサツヤクワガタ (終了) (4)
メタリフェルホソアカクワガタ (終了) (3)
メリー・メンガタクワガタ (7)
モーニッケノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ラフェルトノコギリクワガタ (原名) (8)
ローゼンベルクオウゴンオニクワガタ (0)
ブンブン (6)
アオカナブン (終了) (2)
インカツノコガネ (終了) (2)
シロヘリオオツノカナブン (1)
ニジイロカナブン (1)
昆虫採集 (50)
雑記 (22)
菌床・マットなど (8)
飼育用品など (5)
通販やSHOPなど (1)
着弾!! (12)
プレ企画 (16)
増種 (1)
産卵セット (2)
archive
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

link
form
rss
fc2counter
copyright
北海道でカブトムシ