FC2ブログ

ブログトップ > カテゴリ - アンティローぺノコギリクワガタ (原名亜種)

アンティローペノコギリクワガタ羽化

アンティローペノコギリクワガタが羽化しだしました。

パトラッシュ羽化ラッシュですね。


12月25日にセットを組みましたので、超速いですね!!。

早い奴は5月の頭に羽化していますのでね。

こんなに速いんですね。

初飼育なもので何も分かりません。

休眠は何れ位なのかな?。

アフリカンなので、休眠は長いんだろうな?...。

190525-1.jpg

この他にも何匹か羽化したのが居ますね。

それにしてもユミツノです!!(短歯)。

なかなか長歯は出ないですわ!!。

サイズはそこそこあるんですよ。

46ミリ有りますからね。

それで短歯とはね.....。

どうやったら長歯に育てられるのかな?...。


それにしてもアンティの幼虫はガリガリとウルサイですわ!!。

ケースやボトルやプリカが齧り跡だらけです。

プリカに至っては、穴が空きまくりで再使用不可になっています。





北海道、異常なまでに暑いです。

記録的な暑さに見舞われています。

あまりの暑さに飼育に影響が出ないことを願うのみですね。

休眠中の個体がヤバイかも?!。

産卵セットにも影響が有るでしょうね...。

それでなくても不調なのにね...。






スポンサーサイト

ブログトップ > カテゴリ - アンティローぺノコギリクワガタ (原名亜種)

アンティ、羽化しだしました。

アンティ、羽化しだしたんですが

思っていたよりも早いですね。

去年の12月25日に産卵セットを組んだので

すぐに孵化したとしても4ヶ月掛からずで羽化ですか。

ショップにはWDは決まって初冬に入荷するので

1年周期だと思っていたんですよね。

休眠が異常に長いのかな?。

アフリカンは休眠期間が長いものが多いですからね。


メスが6匹羽化していますし、オスの蛹も居ます。


190504-6.jpg 

190503-13.jpg

こちらは羽化したてです。

物凄く綺麗でした。



アンティの幼虫飼育は失敗しました。

まず、ケースでの多頭飼育には向きませんね。

かなりの数減りました。


それとプリカ飼育もダメですね。

穴を開けられるし、

かなりガリガリ齧ってしまいボロボロになります。

再使用は不可になってしまいます。

なにか良い容器を探さないとな!!。




 

ブログトップ > カテゴリ - アンティローぺノコギリクワガタ (原名亜種)

3度目の正直?...

一昨年WDペアを購入してセットを組むが産みませんでした。

間髪入れずに追加でWDペア?、♀単だったかな?購入。

結局、撃沈しました。


それで昨年、WD入荷があったので悩みましたが購入しました。

さてリベンジ出来るのでしょうか?。

3度目の正直?

2度有る事は3度有る?。


さてどちらなのでしょうかね?...。


最近KKMさんがニョロをポチって、オマケが凄かったアレです。

プロソポコイルス属きっての美麗種と言われているアレですね。

アフリカンノコギリのアンティローペノコギリクワガタです。

そう、アフリカンですよ!!。

私的には苦戦しまくりのアフリカン・ノコです。

現にアンティも2度失敗していますしね。


とは言え、こうして記事を書いているという事は、

私のブログ読者ならもう察しがついていますね。


そう、リベンジ成功ですよ!!!!!!!!!。

もう、超嬉しいですね!!!。


あ~...スイマセン

親画像とか無いです。

そんな余裕は無いです。

落ちない内にさっさと産ませないといけませんから。



親画像も無ければ、セットの画像もないとは.....。

どれだけ心に余裕が無いのでしょうか!!。

181222-3.jpg

まだかなり小さいのですが、ケース側面や底面に幼虫が見えたので割り出しです。

 181222-4.jpg

結果、13ニョロ、2卵。

これは12月22日割り出しです。

約1ヶ月での孵化となります。


メスはまだ元気でしたので、再セットです。


ちなみに産卵セットは、添加2次発酵微粒子マットに植菌カワラ材でのセット。

ちなみに今回は、マットにいる幼虫や卵を回収しました。



昨日、急に再セットしたケースの側面や底面に幼虫がそこそこ出てきました。

1~2匹は確認していたんですが、かなりの数が急に見え出しました。

このパターンは産卵木を食べ尽くしてマット内に出てきたんだと思いました。

190120-06.jpg

ケース底面の様子。

 190120-03.jpg

蓋を開けるとこんな感じ。

餌は殆ど食べていませんね...。

 190120-04.jpg

足場を避けると産卵木を齧った形跡がありますね。


さて、どうなんでしょうかね!?。



190120-07.jpg

産卵木には潜って行った跡がありますね。

材の表面産みでは無いのですかね?。



途中の画像は無いです.....。

思いの外、居ませんね.....。


190120-08.jpg 190120-11.jpg

結果、15ニョロ、3卵でした。


190120-09.jpg

メスはまだ健在でした。

餌を食べて貰って、また最セットします。

マットは使い回しですが、産卵木は新しいカワラ材を使います。


そこで、産卵セットに入っていた産卵木ですが、どうしましょうかね?。

190120-12.jpg

中に幼虫が居るのは確実です。

ちょっとだけ割ってみましょうかね?。

 190120-13.jpg

うん、確実に居ますよね。

割り出そうか迷いましたが、何時もの様に材飼育で行くことにします。

何時もと違うのは、何時もならメスが既に死んでいるので、

産卵セットのままでの材飼育なのですが、

今回はまだメスが生きているし、マットも再セットに使いましたので、

急遽、別のマットとケースに入れました。

マットはセットと同じく超固詰めです。

さて、何匹位材の中に居るのでしょうかね?。


3回目のセットでも2桁は欲しいですね!!。

どうも1回目の割り出しの幼虫が生存率が悪そうです...。

小さい時に割り出したからかな?。

私としては珍しいですね、あんなに早く割り出すのは。



ちなみにアンティローペに付いて調べていません。

産卵のさせ方とか調べたほうがイイのでしょうが、

あんまり気にしません。


私のやり方に合わないものはしょうがないと思うので。



毎年11月中旬~12月初旬にWDの入荷があるので

1年周期なんでしょうね。

そこそこコンスタントに入荷があるので

WDを手に入れやすい種ではあるのですが、

入荷する時期が問題なんですよね。

私の住む北海道までの輸送がね.....。

どうしても中1日になってしまうので、

発送してくれないSHOPが多いです。

発送してくれても死着保証が無いですしね。



KKMさんは、夏頃に羽化とか言っていたので、

夏に羽化だと休眠期間が長いのかな?。

先にも述べたように、WD入荷が決まった時期なので

それが活動開始の時期かと!?。


う~ん、少しぐらいは調べてみましょうかね?。







      


profile

per-k (perversity-kabutomushi)

Author:per-k (perversity-kabutomushi)
あることがキッカケで、カブトムシ採集と飼育をしています。
自己採集のクワガタも。
最近は外産にも手を出し始めています。
本格的なブリードは今年(2017)からの初心者です。

entry
comment
freearea
皆さんの更新状況
category
国産カブトムシ (21)
KI-BENI血統 (終了) (4)
道産子カブトムシ  (16)
カブトムシWE (終了) (1)
外産カブトムシ (38)
アヌビスゾウカブト (終了) (0)
エレファスゾウカブト (7)
グラントシロカブト (終了) (3)
クリイロムナクボサイカブト(ピンギス) (終了) (2)
コーカサスオオカブト (終了) (1)
ゴロファ クラビゲールタテヅノカブト (1)
ティティウスシロカブト (1)
パウリアニ ヒメカブト (終了) (1)
ネプチューンオオカブト (1)
バラタスサスマタサイカブト (1)
フローレンシスニセヒメカブト (2)
ヘラクレス・オキシデンタリス (終了) (0)
ヘラクレス・ヘラクレス (終了) (3)
ボグティヒメゾウカブト (終了) (3)
マヤシロカブト (1)
ロンギチョンペルスミツノカブト (10)
ヨツボシヒナカブト (1)
国産クワガタムシ (18)
アカアシクワガタ (4)
オキナワノコギリクワガタ (1)
クメジマノコギリクワガタ (1)
クロシマノコギリクワガタ (1)
コクワガタ (1)
スジクワガタ (1)
トカラノコギリクワガタ (2)
ノコギリクワガタ (道産) (終了) (6)
ミヤマクワガタ (道産) (終了) (1)
外産クワガタムシ (110)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 Blanchardi ) (1)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 castaneus) (4)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 pallidipennis) (3)
アンティローぺノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ウォレスノコギリクワガタ (原名) (6)
エレガントゥルスコクワガタ (亜種・不明) (2)
オキピタリスノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種・不明) (5)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種 surtur ) (3)
スツラリスノコギリクワガタ (原名) (5)
スペキオススシカクワガタ (終了) (1)
ゼブラノコギリクワガタ (亜種 nobuyukii ?) (5)
タランドゥスオオツヤクワガタ (11)
デキピエンスノコギリクワガタ (原名) (1)
ドルサリスノコギリクワガタ (原名亜種) (1)
パプアキンイロクワガタ (3)
ビプラギアトゥスノコギリクワガタ (亜種・不明) (6)
ファブリースノコギリクワガタ (亜種 タカクワイ) (9)
フスクスノコギリクワガタ (原名) (2)
フルストファーノコギリクワガタ (亜種 colfsi) (4)
ブッダノコギリクワガタ (原名亜種) (1)
ブルイジンノコギリクワガタ (亜種 rufulus) (6)
ベリコサツヤクワガタ (終了) (4)
メタリフェルホソアカクワガタ (終了) (3)
メリー・メンガタクワガタ (7)
モーニッケノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ラフェルトノコギリクワガタ (原名) (8)
ローゼンベルクオウゴンオニクワガタ (0)
ブンブン (6)
アオカナブン (終了) (2)
インカツノコガネ (終了) (2)
シロヘリオオツノカナブン (1)
ニジイロカナブン (1)
昆虫採集 (50)
雑記 (22)
菌床・マットなど (8)
飼育用品など (5)
通販やSHOPなど (1)
着弾!! (12)
プレ企画 (16)
増種 (1)
産卵セット (2)
archive
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

link
form
rss
fc2counter
copyright
北海道でカブトムシ