FC2ブログ

ブログトップ > アーカイブ - 2017年02月

クワカブマイスターさんからのブログ1周年プレ到着

クワカブマイスターさんのブログ1周年プレ
ロンギチョンペルスミツノカブト3令後期幼虫×4ニョロ が

本日到着致しました。


とても丁寧な梱包で、

みんな元気に届きました。


クワカブマイスターさん、本当にどうもありがとうございました。

完品羽化目指して頑張ります。





私的な感覚で行けば、記事のタイトルですが、

虫屋ドットコムから品物が届きました!!。

でも、頼んだ記憶がありません。

そもそも虫屋ドットコムを知りません。

誤配送か?。

と記事を書く所ですが、頂き物ですので茶化す訳にも行きません。

170227-002.jpg

170227-003.jpg 

ご丁寧に2重梱包で断熱シートまで!!。

本当にお手数をおかけしました。

170227-005.jpg

4匹ともマットの上で到着。

温度によるものか?、ワンダリングなのかは不明です。

170227-006.jpg

前もって用意してあった1.8L容器に投入。

170227-007.jpg    
 幼虫が冷えているために、パネルヒータの前で温めています。


本当にありがとうございました。

大切に育てます。





スポンサーサイト

ブログトップ > アーカイブ - 2017年02月

スジクワガタ・孵化

去年、11月頭に組んだ産卵セット?(冬眠セット)には産卵しなかった。

170128-013.jpg 
結構、材やマットに潜り込んでいるのにね。

170128-014.jpg 
確実に材の中に入っているのに...。

170128-015.jpg 
材の中も穴だらけ。

なのに材からもマットからも幼虫の姿はありませんでした。

まぁ~、産卵させる気で組んだわけではないのでいいのですが。


それにしても、産ませる気で組んだ

コクワガタやアカアシクワガタは産卵しなかった...。

コクワは全く、

アカアシは多頭飼育の冬眠セットから幼虫が生まれた。

難しい種じゃないのになんでだろう?。

真剣に組んだノコギリクワガタの産卵セットは爆産しました。

途中で産卵セットを解除したぐらい。

といえども、クワガタは初めてに近いのでしょうがないかな。


上の画像のスジクワガタのセットをバラしたのは、

成虫がパタパタと4匹ぐらいお亡くなりになりだしたので、

どれぐらいの数が生き残っているのかと、

もしかしたら幼虫が居るかも?と確認したかったから。

成虫は♂2、♀4生存していたので、

再度、冬眠セット(兼、産卵セット)を組みました。

そうしたら、飼育ケースの底面と側面に幼虫の姿が!!。

170225-011.jpg 
う~ん...、どうするかな?。

親と同居なので子喰いの可能性も...。

でも、セットを崩すのが面倒(苦笑)。

基本、自然環境と似たような感じで育てるようにしているので(温度は別だが)

このままにしようかな?。

でも、菌床飼育とかして大きくしてみるかな?。

デカイと結構カッコイイんだよね。

昔、昔、飼育に興味のなかった頃に

かなり大きいスジクワガタを捕まえた事がある。

今思えば、最大級ぐらいの大きさ。

そういう個体に育ててみたい思いはあるが、

基本、大きさは求めない主義なのでね!!。



ブログトップ > アーカイブ - 2017年02月

この家は、デュポン タイベックを使用しています(笑)

170221-001.jpg

170221-007.jpg  
 この家は、デュポン タイベックを使用しています(笑)

虫除けシートの代わりに、タイベックを使用し始めました。

市販の虫除けシートって意外といい値段ですよね。

カブトムシに使っていると一晩で破かれてしまいます。

破かれると費用がかさむので、虫除けシートの下に網戸用の網を入れてみたりしましたが、

ガラス繊維入りの網や、強力PEの物も使ってみましたが、

網戸の網もいとも簡単に破かれていました。

流石にステンメッシュは固くて蓋の間に挟めませんでしたね...。

タイベックはまだ成虫に使ってはいないので、破かれるかが分かりませんけどね。

結構丈夫なのでどうでしょうかね?。

少しの保湿も期待できそうかな?。

でも、防風・防水・透湿シートなので、水蒸気を留めて置けるわけではありません。


ちなみにこのタイベックはタダですヾ(*´∀`*)ノ。

建築途中の工事現場に行って、大工さんに貰ってきました。

2.7M×1.8Mぐらいの大きさで。

これで虫除けシート代が浮きました。


追記を書いたら、変なふうになってしまいました。 読みづらくてすいません。



170224-001.jpg  

市販されている虫除けシート。

170224-002.jpg

170224-003.jpg  

飼育ケースの本体とフタの間に挟んで使うのですが、  

カブトムシに使うと一晩で破かれてしまいます。

 クワガタにも破かれますが、何日かは持ちます。

 破かれ防止の為に
170224-004.jpg

網戸のネットをシートの下に挟んでみたりもしましたが、 

この網戸のネットも破かれてしまいます.......。 

 この虫除けシートの代わりにタイベックを使ってみようと思います。

 成虫に対して破かれないかは分かりませんが、

タイベックのシートはかなり丈夫なので少し期待しているのですが。 

本来はゼリーに集まるショウジョウバエ対策ですが、

 幼虫飼育に関しては、クチキバエをケース内に入れない、

 ケースの外に出さない目的で使っています。

 あと虫除けシートで保湿と謳っているので、 タイベックでも少しの保湿効果があるのかな?。

 でも、タイベックは水蒸気を放出はしますが、

水としては通過しないのでケース内に水分が戻ることはないと思います。

 あとは、タイペスト紙やタイペストシールと同じように使います。

 (クリアボトルやブロー容器などの通気口等に)

 タイベックはデュポンの製品名なので、物としては一緒です。 

 いまメインで使っている飼育ケースはクリーンケースなのですが、

 レビューなどを読んでいて知ってはいましたよ、通気口からコバエが出入りするって。

170211-032.jpg  
でも、この0.5ミリの通気口から出入り出来るのかな?とも思っていたんですよね。

 実際はクチキバエは出入りします!!。

 そこで、他のケースに蔓延しないように 幼虫飼育でもタイベックを使っています。

 (画像はフクビのシートです) 170211-031.jpg このように発生しても、そのケースだけに留めておけます。 

 ちなみに飼育ケースのクリーンケースを選んだ訳は保湿を期待して使い始めました。

 けれど、蓋とケースの間にシートを挟むと、 

 マットからの水蒸気は通過しますが、

 蓋についた水滴はシートの防水構造でマットに戻ることはありません。

170211-033.jpg  
これではクリーンケースを使っている意味がないので、

 通気口にだけシートを貼ることにしました。

170211-038.jpg  
これでコバエの出入りは防げるし、

蓋についた水滴もマットに戻ることができます。







ブログトップ > アーカイブ - 2017年02月

祝・発芽!!.........(;一_一)

祝・発芽!!............[壁](;一_一)

170219-004.jpg

170219-002.jpg

発芽・オメデトウ(^▽^)ゴザイマース!!

てか、プランター栽培でもなかろうに......。

発芽って、なによ!!。

去年末から、外産のカブトを初めて

マットも色々と試しているけれど、

なんかダメだね。

その前までは、雑虫なんてダニ?ぐらいしかお目にかからなかったけれど、

年末からは、クチキバエやトビムシ、線虫など、

今まで経験したことのない事ばかり。

今度は発芽だもの!!..........。

まぁ~、どれもしょうがないのは分かるけれど

こうも連チャンで起ったら嫌になるね。

予想外の所でマット代が嵩んでいます.......。゚(゚´Д`゚)゚。




今日は、この寒い中、洗い物してました。

もちろん洗い物が出るということは、入れ替えをしていたんですが

めんどくさく、画像は無しです。

170219-001.jpg

入れている大外の衣装ケースも洗い物です。

クリアボトルや飼育ケース、それなりの数、洗いました。

洗っている途中から吹雪いてくるし.......。

あっ、もちろん外で洗っていたんですよ。

ブログトップ > アーカイブ - 2017年02月

う~ん......(;´Д`)


 


クワカブマイスターさんのブログで



ブログ開設1周年プレ 

が開催されております。


応募期間  2月13日から2月20日までです。

残す所、あと2日です。

早めの応募を!!。



是非 クワガブマイスターさんのブログをご覧下さいね。


 



年末に購入した福袋のおまけで入っていた

メガソマボクティ初二令幼虫ですが、

多分、初令?幼虫

クチキバエ撲滅の為に、ボクティのマットも交換しました。

飼育容器内では姿が見えなかった幼虫

掘り返してみると.........。


170211-050.jpg 

170211-051.jpg 
マット付きでこの重さ......。

家に来てから2カ月近くなるのに....。

先が長いのは、別にいいけれど

2匹という所がね...。

まぁ~、オマケなんだからしょうがないけれどね。







ブログトップ > アーカイブ - 2017年02月

はや!!、爆速。

日曜日にクチキバエ駆除の為に、全ケースのマット交換をしたのですが、

衣装ケース深50で多頭飼い中の道産子カブトムシ幼虫WF1のマットも交換しました。

マットを掘っていると、あれっ?...部屋みたくなっている。

幼虫も色付き、シワがかなりよっている。

どうやら蛹室を作っていた、前蛹状態でした。

まさかそんなことは想像もしていなかったので、普通に掘っていたんですよね。

6月羽化組と思っていましたから。


人工蛹室なんか作ったこと無いし、知識もないし。

でも、どこかでトイレットペーパーの芯で大丈夫と書いてあったのを思い出し、

取り敢えずトイレットペーパーの芯で蛹室を作ってみました。

170211-071.jpg

ちょっと広そうで大丈夫かなと思いました。

少し狭めればいいや、と思ったまま忙しくて手が付けられませんでした。

そうしたら今朝、

170216-002.jpg

蛹になっていました。

はや、早すぎです。

孵化から、どんなに長く見積もったって4ヶ月と10日。

もしかしたら4ヶ月を切っての蛹化です。

大きさも、そんなに小さい訳でもなく

そこそこのサイズなんです。


何がきっかけで蛹化したのかが分かりませんが、

こんなに早く蛹になれるものなんですね。


衣装ケースの他の幼虫は、まだまだ白くて成長途中です。

この1匹だけなんですよね。

ブログトップ > アーカイブ - 2017年02月

エレファスゾウカブト・途中経過

マット交換の時期ではないのです。

薄々は感じていたんです。

大丈夫かな?という期待で手を付けないでいたのですが、

やっぱりダメだったみたいです。

日曜日にマット70L使って、全ケースのマット交換です。(1つだけは手をつけていないが...)

これで確実に飼育ケースからクチキバエを完全排除です。

170211-045.jpg


170211-046.jpg


なんか、ヤバくない.....。

軽すぎるような気が.....。

全然わからないで言っておりますが.....。

まぁ~、小さくてもいいんです。

羽化さえしてくれれば。


170211-047.jpg

やっぱり中ケースに同居させているから、あまり大きくならないのかな?......。

ブログトップ > アーカイブ - 2017年02月

ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン! 期待していた幼虫が.......


 


クワカブマイスターさんのブログで



ブログ開設1周年プレ 

が開催されております。


応募期間  2月13日から2月20日までです。

是非 クワガブマイスターさんのブログをご覧下さいね。








ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン! 


期待していた幼虫が.......


幼虫が.......


頭がパカァーンとして


死亡しました......。



中から、エイリアンが...........


じゃなかった、中から得体の知れない物体が........


じゃなかった、蛹が!!


幼虫としては死亡しましたが、蛹という新しい命が!!(笑)。


170211-057.jpg

幼虫としては最後の姿。


170211-058.jpg


170211-059.jpg


170211-061.jpg


170211-062.jpg


170211-064.jpg


170211-066.jpg


170211-067.jpg


170211-073.jpg


170211-076.jpg


170211-077.jpg



という具合に、オスの蛹が生まれました。

これは、オスだと確信していました。

だって、蛹室が異常と思えるほど広かったもので。


順調に行けば、あと25日ぐらいで成虫の姿を見れるかな?。



ブログトップ > アーカイブ - 2017年02月

2匹目、蛹化

最初にになった奴のすぐ隣、こちらの方が先にになると思っていた奴なんですが、

ようやくになりました。

170207-003.jpg

この画像の左側に写っている奴。


170210-009.jpg

170210-013.jpg

170210-006.jpg

最初の奴は覗き窓が小さすぎてオスかメスか分かりませんが、

今回のものは、メスです。

幼虫もそこそこ大きかったし、室もそれなりだったので、

もしかしたらオスかな?と思っていました。



あと、ケース側面から覗ける所は、もう1箇所あります。

170210-014.jpg

あらっ、ぎろっと睨まれましたね.....。

こちらも、もうそろそろだと思います。

こっちは異様に室が、縦にも横にも大きいです。

こちらはオスで間違いないでしょう。



170210-015.jpg


170210-016.jpg

ボクティのケースからキノコが.......。

ブログトップ > アーカイブ - 2017年02月

ようやく蛹に!!

蛹室を作っていた、道産カブトムシですが、

1匹がようやく蛹になりました。

170207-003.jpg

見えづらいですが、右の方です。

明らかに色が違いますので、蛹になったと思われます。

ケースも曇っているので、蛹になったためかな?と。

昨日までは曇ってもいませんでしたし、こんな色でもなかったです。

左側の方が早く蛹になると思っていたのに.....。

ちなみにオス・メスは全然わかりません。

このケース、多頭飼育8匹ですが、サイズはかなり小さいと思います。

本州の方が見たらビックリすることでしょう。

北海道サイズで生まれてきます。

profile

per-k (perversity-kabutomushi)

Author:per-k (perversity-kabutomushi)
あることがキッカケで、カブトムシ採集と飼育をしています。
自己採集のクワガタも。
最近は外産にも手を出し始めています。
本格的なブリードは今年(2017)からの初心者です。

entry
comment
freearea
皆さんの更新状況
category
国産カブトムシ (21)
KI-BENI血統 (終了) (4)
道産子カブトムシ  (16)
カブトムシWE (終了) (1)
外産カブトムシ (38)
アヌビスゾウカブト (終了) (0)
エレファスゾウカブト (7)
グラントシロカブト (終了) (3)
クリイロムナクボサイカブト(ピンギス) (終了) (2)
コーカサスオオカブト (終了) (1)
ゴロファ クラビゲールタテヅノカブト (1)
ティティウスシロカブト (1)
パウリアニ ヒメカブト (終了) (1)
ネプチューンオオカブト (1)
バラタスサスマタサイカブト (1)
フローレンシスニセヒメカブト (2)
ヘラクレス・オキシデンタリス (終了) (0)
ヘラクレス・ヘラクレス (終了) (3)
ボグティヒメゾウカブト (終了) (3)
マヤシロカブト (1)
ロンギチョンペルスミツノカブト (10)
ヨツボシヒナカブト (1)
国産クワガタムシ (18)
アカアシクワガタ (4)
オキナワノコギリクワガタ (1)
クメジマノコギリクワガタ (1)
クロシマノコギリクワガタ (1)
コクワガタ (1)
スジクワガタ (1)
トカラノコギリクワガタ (2)
ノコギリクワガタ (道産) (終了) (6)
ミヤマクワガタ (道産) (終了) (1)
外産クワガタムシ (110)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 Blanchardi ) (1)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 castaneus) (4)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 pallidipennis) (3)
アンティローぺノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ウォレスノコギリクワガタ (原名) (6)
エレガントゥルスコクワガタ (亜種・不明) (2)
オキピタリスノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種・不明) (5)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種 surtur ) (3)
スツラリスノコギリクワガタ (原名) (5)
スペキオススシカクワガタ (終了) (1)
ゼブラノコギリクワガタ (亜種 nobuyukii ?) (5)
タランドゥスオオツヤクワガタ (11)
デキピエンスノコギリクワガタ (原名) (1)
ドルサリスノコギリクワガタ (原名亜種) (1)
パプアキンイロクワガタ (3)
ビプラギアトゥスノコギリクワガタ (亜種・不明) (6)
ファブリースノコギリクワガタ (亜種 タカクワイ) (9)
フスクスノコギリクワガタ (原名) (2)
フルストファーノコギリクワガタ (亜種 colfsi) (4)
ブッダノコギリクワガタ (原名亜種) (1)
ブルイジンノコギリクワガタ (亜種 rufulus) (6)
ベリコサツヤクワガタ (終了) (4)
メタリフェルホソアカクワガタ (終了) (3)
メリー・メンガタクワガタ (7)
モーニッケノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ラフェルトノコギリクワガタ (原名) (8)
ローゼンベルクオウゴンオニクワガタ (0)
ブンブン (6)
アオカナブン (終了) (2)
インカツノコガネ (終了) (2)
シロヘリオオツノカナブン (1)
ニジイロカナブン (1)
昆虫採集 (50)
雑記 (22)
菌床・マットなど (8)
飼育用品など (5)
通販やSHOPなど (1)
着弾!! (12)
プレ企画 (16)
増種 (1)
産卵セット (2)
archive
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

link
form
rss
fc2counter
copyright
北海道でカブトムシ