FC2ブログ

ブログトップ > アーカイブ - 2017年03月

Σ(゚д゚lll) Σ(´Д`lll)エエ!!

先日、Kiー紅 血統の産卵セットを組んだのですが.....
 


Σ(゚д゚lll) Σ(´Д`lll)エエ!!




マジですか.............


Σ(|||▽||| )ガーン


どういうこと!!.......。














♫ 
カアチャンバクサン

えっ?えっ?何て?

カアチャンバクサン、フゥー!

カアチャンバクサン、フゥー!

カアチャンバクサン説明してね。

ちょっとまって、ちょっとまって、おかあちゃん

かあちゃん、ばくさんってなんですのん

説明しろと言われ言われましても、産めと言われたから産んだだけ。





産めと言われたからって、誰が爆産しろって言ったねん

ソンナノカンケーネー、ソンナノカンケーネー、

カアチャンバクサン










あっ、産卵セット暴くのに

思いっきりマットを撒き散らかしたper-kです!!。








しかも、飼育ケースの産卵セットのマットを固める下敷き

下敷き作ったからって、力任せに固めたら

マットが全く出てこない。



側面を叩こうが、マットとケースの際にスコップ入れようが微動だにしない。

スコップで掘るにもマットが硬すぎて思うように掘れない。


結果

170330-003.jpg 


新品ケース、再起不能と思えるぐらい

端から端まで思いっきり割れました.....。






これからは、調子に乗ってマットを固めすぎないようにします。











あ~.......


んで?...............


あっ


カアチャンバクサンね!!。



170330-001.jpg 
5日間で、こんなに。

こんなに産んだっけ?。


1日3個ぐらいペースじゃなかったっけ?。



30個って、予定の倍だし!!。


1日6個ペースって.........。




まだまだ産む気マンマンだし。

セットから外したら

朝から晩まで、ず~っと餌を食べ続けているし(((゜Д゜;)))





MA系統の産卵はどうしようかな?。


今年はWILD組の産卵は無しだな!!。










170330-004.jpg 
2令まで、このままケースで30匹育てます。













スポンサーサイト



ブログトップ > アーカイブ - 2017年03月

170326-0250.jpg




170326-0252.jpg 

...........あぁ..........ゴミが............



この子でペアリングをさせて、

2日前に産卵セットを組みました。


画像はオスです。

メスも少し赤い子です。


これで継続している累代分、10匹ぐらいを確保したいです。



ブログトップ > アーカイブ - 2017年03月

ななめちゃん、羽化

170306-003.jpg

この ななめちゃんです




170326-0240.jpg 

羽化して4日経ちました。

自然に出てくるまで置いておくつもりだったのですが、

逆さまになってしまいましたので、

掘り出しました。


やっぱりボトルマジック?

外に出すとそれほど大きくもありませんでした。

蛹室は物凄く大きく、オスだと思ったぐらいなのに。





多頭飼育、MA-1のWF1組

昨夜、何か音がするなぁ~と思っていたら

マットの上に出てきていました、メスでした。

その後にもチビオスが出てきました。

自然と出てきたので、羽化したのは1週間位前ですね。


トイレットペーパー芯の人工蛹室、

残りの1匹ですが、思いっきり羽化不全になっちゃいました...。

幼虫期間も短かったですし、

蛹も小さかった。

蛹の期間も異常に長かったんですよね。

それで気になって、気になって.....。

気になってみるのに振動を何回も与えてしまったのが原因かな?。

可哀想な事をしてしまいました.....・゜・(ノД`)・゜・



先程、クリアボトルの下に水平に蛹室を作った子が、

羽化していました。

白い羽が少し見えただけですので、

どうなのかはわかりません?。






ブログトップ > アーカイブ - 2017年03月

暑さ対策!!

リンクさせて頂いている

『クワカツ!』のちょくさん 

から

ワインセラーを頂きました!!o(^▽^)o

170326-00008.jpg 

思いっきり写りこんじゃっていますが....(゚Д゚)ノ

170326-00009.jpg 

容量も約100L

中も外も大変綺麗です。


ちょくさん、本当にありがとうございました。




ブログトップ > アーカイブ - 2017年03月

試作品

 前々から作ろうと思っていてましたが、
なかなか重い腰が上がらずに延び延びになっていた物を。

170314-003.jpg 
別に大したものじゃありません。

飼育ケースの下敷きです。

とりあえず試しで作ってみました。

今は既に改良を加えて完成しています。

とりあえずはメインで使っている、

クリーンケースの小、中、大の3タイプに対応したものを。


これのおかげでガンガン固められるようになったのはいいんだけれど....

ガンガン詰めすぎて蓋が締まらないという現象が......。

詰めすぎでケースが変形しちゃっています(苦笑)。


今回は、これを詰めました。

170314-001.jpg

カワラ菌床。


170314-004.jpg

170314-005.jpg

こんな感じです。


170314-006.jpg

170314-007.jpg

こんな感じでケースが膨れちゃって...。

これでも側面を押して戻したんですけれどね.......。


170314-008.jpg

ついでにカワラ材も製作。

上手く菌が回ってくれるといいな。(でも、ほとんどが皮膜部分だからな.....)



これといって記事のネタが無い!!(苦笑)。

カブトは寝たまんまだし。


        

ブログトップ > アーカイブ - 2017年03月

落ちちゃいました.....・゜・(ノД`)・゜・

10月末に3令ペアで購入したDHHのメスが落ちちゃいました。

これといった理由は分かりません。

育ちも良くはなかったので、先天的な物と諦めるしかないですね。





2日前にもスジクワのニョロが落ちちゃいました。

幼虫を3匹確認していて、セットから掘り出したら1匹だけ。

プリカにセットのマットを入れていたんですがね。

何がいけなかったのか?。

スジクワ、産卵のさせ方を間違えていたみたいで...

なので、全然ダメだったんですね...。

今頃気付きましたよ(遅いってね)。

でも、国産クワの中ではブリードは難しい部類らしいです。

自然界の中ではどこにでも産卵するくせにね。

人差し指の太さぐらいの木にも、幼虫がいるぐらいなのにね。



何処でどうなったのか分からない不明種がいたんですが、

昨日、羽化していました。

スジクワガタです(-^〇^-)。

まだ、性別は不明です!!(笑)。

だって顎が見えないんですもの。





ブログトップ > アーカイブ - 2017年03月

懸案事項だった、ノコギリクワガタの菌糸交換

懸案事項だった、ノコギリクワガタの菌糸交換を要約できました。

マット問題多発で菌床購入が遅れたために伸び伸びになっていました。


170311-001.jpg

菌糸の使用自体今季が初めてなので色々とね.....。

外側の見た目ほど中は酷くないのね(笑)。

ヘェ~( ^∀^)、こんな感じなんだね。

ちょっとの温度差でキノコが生えるのが嫌なので、

今回はノーマルヒラタケを使用。

栄養価的には劣るけれどね。

でもノコギリの育て方には合っているかもしれませんね。

170311-002.jpg 

Σ(゚д゚lll).....小さすぎないかい.......


4.4

5.4

5.7

11.5

11.4

4.8

.............。

低温組なんだけれど、他の低温組と比べても小さいのが多い.....。

しかも、大きいの2匹はメスっぽい.....。

しかも.......、ノコギリまで女系家族ですか?!。


少し温度が高い方の3匹も交換しました。

11.5

8.7

8.7

こちらは順調ですね。

大きいのもオスだし。



菌糸交換をしたという事は、毎度の洗い物ですね...。

170311-011.jpg

また今回も大量に洗いましたよ。

この日はプラス気温でしたので、外での洗い物も苦にはならなかったですね。




関係ないけど、産卵木に加水しました。

170311-012.jpg

うん、ダメだこりゃ~~

使い物にならないや。

袋入りのものを買ったので中まで見ていませんでした。


170311-013.jpg

再度、ほかの材料を加水しました。


使い物にならないのは植菌処理とバクテリア材を作ります。



 

   


ブログトップ > アーカイブ - 2017年03月

トイレットペーパー芯・人工蛹室のカブトムシ・羽化

毎度、毎度、道産子カブトムシ・ネタですいません。
それほど多種を飼育している訳ではないので、ネタがありません(;´Д`)。

タイトルにもあるように、トイレットペーパー芯・人工蛹室のカブトムシですが、

無事に完品羽化しました。

人工蛹室もトイレットペーパー芯も初めての事だったので

どうなるのか、少し心配でしたが大丈夫でした。

170310-122.jpg 

170310-123.jpg 

お腹はまだ白いです。


170310-124.jpg 
170310-126.jpg 

170310-130.jpg 

羽も綺麗に伸びているようですね。


この子は、MA-1系統、累代WF-1になります。

マット交換の時に蛹室を壊してしまって.....。

WILD組では信じられないぐらい早期に前蛹になっていました。

今年は全体的に蛹化が早いです。

MA-1系統21匹の内、半数以上が蛹になっていますね。

ただ問題なのがメスばっかり.....。

こればっかりはどうしようもありませんね......。




KI系統8匹、まだ後食しませんね.....。

でも昨夜、メス2匹がケース内で飛んでいました!!。

オスは微動だにしません。


なんか羽化しているのに暇だ!!~(#゚ω゚ #)~





ブログトップ > アーカイブ - 2017年03月

カブトムシ KI系統・羽化完了

KI系統のカブトムシ8匹が、すべて羽化しました。
途中で落ちることもなく、羽化不全にもならずに

全て完品羽化しました。


けれど3月1日に最初に羽化した子も、まだ寝ています。

マットの中に蛹室みたいな部屋を作って、その中で寝ていますわ。

そんなに羽化後の休眠って長かったかな?.....。


170308-095.jpg

この系統の子は、とても赤いです。 

そして両肩の所に黒い点が入ります。

カブトムシってクワガタみたいにじっとしていないから、

写真に撮るのが難しい。

ピントがなかなか来ないです。

これもダメ写真ですが仕方がありません。


170308-011.jpg

真っ白しろのカビだらけでしたが、大丈夫でした。 


ただ、ちょっと困ったことに......。

KI系統8匹羽化したのですが、2♂、6♀。

MA-1系統、本日1匹羽化、8蛹なのですが全て♀!!。

色々な所にペアでお配りする予定が.....。

オスならまだしも、メスだけを貰う人など皆無。

累代するにも1匹いれば十分。

なのでメスちゃん達は飼育ケースの中で寿命を全うするだけの

可哀想な事になってしまいました.......(;>_<;)。

MA-1系統の残り全てがオスという事は有り得ないだろうな.....。

こんなに女系系統だったかな?...。





170308-115.jpg

口を当ててグイグイするくせに、ゼリーはまだ食べないんです。 


ブログトップ > アーカイブ - 2017年03月

道産子カブトムシ・羽化

3月4日に2匹目のメス。
3月5日に1匹目のオス。

3月6日に2匹目のオスが羽化していました。

まだ室の中です。

3月1日に羽化したメスは確認の為に室から出しましたが、

飼育ケースのマットに潜ったまま出てきません。




話は変わって、室の話。

よくケース側面や底面に接して室を作ると羽化不全になりやすいと聞きますが、

本当の所はどうなのでしょうか?。

今期で3シーズン目なのですが、今季に限ってケースの見える所にばかり室を作っています。

170306-001.jpg 

170306-002.jpg
170306-014.jpg

画像は同じ室です。

ケースの角に蛹室を作っているので、蛹室の半分はケースに接しています。

底面も接しています。

羽化不全になるかもと思っていたのですが、

問題なく完品羽化しました。

蛹室の上のマットが変なのは、確認の為に一回外に出したからです。

また戻ってもらいましたが(笑)。


ちなみにこの子は酷いミイラになっていたのですが、問題なく羽化してくれました。

170225-081.jpg

これはまだ初期の時の写真。

(*´д`*)モット激しく!!カビに覆われて本当にミイラの様でした。


 

あと、蛹室を斜めに作っている子が2匹。

170306-003.jpg 

この子は蛹室が異様に大きく、上にも伸びていたので、てっきりオスだと思っていたら、

ビックママでした。


170306-004.jpg 

こちらはまだ前蛹ですが、斜めに作っていますね。

あと3~4日で蛹かな?。



それと蛹室を真横に作った子が居まして

170306-012.jpg

170306-013.jpg

完全に真横です。


斜めに蛹室を作っている子達は、全く心配してはいないのですが、

流石に真横だと、羽化の時に羽が綺麗に伸びない可能性がありますよね ?。

どうしましょうかね?。


170306-007.jpg

お尻が下を向くように瓶を寝かせればイイだけの話なんですがね。


斜めの子達も心配であれば、瓶を傾ければイイだけの話かな。

170306-008.jpg


それでも心配であれば、人工蛹室ですかね。

170306-009.jpg

170306-010.jpg

170306-011.jpg         

どこかで見て覚えた、トイレットペーパーの芯の人工蛹室。

これに関しては、今回が初めてなので何とも言えませんが、

大丈夫なんですよね?。

一つ心配なのが、芯の中がツルツルなので、羽化して羽を乾かす時に

上に登れないような気がするのですが.......。

この子はもうすぐ羽化なので、少し考えようかな?。


profile

per-k (perversity-kabutomushi)

Author:per-k (perversity-kabutomushi)
あることがキッカケで、カブトムシ採集と飼育をしています。
自己採集のクワガタも。
最近は外産にも手を出し始めています。
本格的なブリードは今年(2017)からの初心者です。

entry
comment
freearea
皆さんの更新状況
category
国産カブトムシ (22)
KI-BENI血統 (終了) (4)
道産子カブトムシ  (16)
道産子カブトムシ (KU産) (ボンズくん血統) (1)
道産子カブトムシ (KU産) (per-k血統) (0)
カブトムシWE (終了) (1)
外産カブトムシ (38)
アヌビスゾウカブト (終了) (0)
エレファスゾウカブト (7)
グラントシロカブト (終了) (3)
クリイロムナクボサイカブト(ピンギス) (終了) (2)
コーカサスオオカブト (終了) (1)
ゴロファ クラビゲールタテヅノカブト (1)
ティティウスシロカブト (1)
パウリアニ ヒメカブト (終了) (1)
ネプチューンオオカブト (1)
バラタスサスマタサイカブト (1)
フローレンシスニセヒメカブト (2)
ヘラクレス・オキシデンタリス (終了) (0)
ヘラクレス・ヘラクレス (終了) (3)
ボグティヒメゾウカブト (終了) (3)
マヤシロカブト (1)
ロンギチョンペルスミツノカブト (10)
ヨツボシヒナカブト (1)
国産クワガタムシ (20)
アカアシクワガタ (4)
オキナワノコギリクワガタ (2)
クメジマノコギリクワガタ (1)
クロシマノコギリクワガタ (1)
コクワガタ (1)
スジクワガタ (1)
トカラノコギリクワガタ (3)
ノコギリクワガタ (MA産) (ボンズくん血統) (0)
ノコギリクワガタ (道産) (終了) (6)
ミヤマクワガタ (道産) (終了) (1)
外産クワガタムシ (113)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 Blanchardi ) (1)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 castaneus) (4)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 pallidipennis) (3)
アンティローぺノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ウォレスノコギリクワガタ (原名) (6)
エレガントゥルスコクワガタ (亜種・不明) (2)
オキピタリスノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種・不明) (5)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種 surtur ) (3)
スツラリスノコギリクワガタ (原名) (5)
スペキオススシカクワガタ (終了) (1)
ゼブラノコギリクワガタ (亜種 nobuyukii ?) (5)
タランドゥスオオツヤクワガタ (13)
デキピエンスノコギリクワガタ (原名) (1)
ドルサリスノコギリクワガタ (原名亜種) (1)
ニジイロクワガタ (WE) (1)
パプアキンイロクワガタ (3)
ビプラギアトゥスノコギリクワガタ (亜種・不明) (6)
ファブリースノコギリクワガタ (亜種 タカクワイ) (9)
フスクスノコギリクワガタ (原名) (2)
フルストファーノコギリクワガタ (亜種 colfsi) (4)
ブッダノコギリクワガタ (原名亜種) (1)
ブルイジンノコギリクワガタ (亜種 rufulus) (6)
ベリコサツヤクワガタ (終了) (4)
メタリフェルホソアカクワガタ (終了) (3)
メリー・メンガタクワガタ (7)
モーニッケノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ラフェルトノコギリクワガタ (原名) (8)
ローゼンベルクオウゴンオニクワガタ (0)
ブンブン (7)
アオカナブン (終了) (2)
インカツノコガネ (終了) (2)
シロヘリオオツノカナブン (2)
ニジイロカナブン (1)
昆虫採集 (53)
雑記 (22)
菌床・マットなど (8)
飼育用品など (5)
通販やSHOPなど (1)
着弾!! (13)
プレ企画 (17)
増種 (1)
産卵セット (2)
archive
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

link
form
rss
fc2counter
copyright
北海道でカブトムシ