FC2ブログ

ブログトップ > アカアシクワガタ > アカアシクワガタ幼虫・お引越し

アカアシクワガタ幼虫・お引越し

小ケースで材飼育していたアカアシクワガタ幼虫ですが、
材を食い尽くしたのか、ケース側面に幼虫が数匹見えるようになったので、
新しい材を入れることにしました。

170113-003.jpg
170113-004.jpg
だいぶ材が食べられて、カスが見えます。



170113-007.jpg
あらっ(゚Д゚)ノ蓋の所、一番テッペンに幼虫が。



170113-008.jpg
小ケースから中ケースへお引越し。
材は5本入れます。


記事・続きます。
↓クリック。










170113-013.jpg
マットは余っていた物を3種類ブレンド。

170113-015.jpg
ケースを割らない程度に固詰め。

170113-017.jpg
まずは材を3本入れて



小ケースの方をホジホジしますか。



実は、産卵セットを組んだ方には産卵していない(たぶん)。

多頭飼いしていた方の冬眠セットの方に、気づいたら幼虫が見えた。
冬眠セットといっても、産卵セットとそれほど変わらないが。
成虫は冬眠中だったが、このまま幼虫と同居させておく訳にはいかないだろう。
冬眠セットをバラして、材2本とマット部分に居た幼虫3匹を回収。
取り敢えず3匹はプリンカップに入れておいて、
小ケースに新規マットと材2本を入れて置いた。
その小ケースが、これからホジホジする小ケースである。


話がそれるが、冬眠していた成虫は、材を抜く時に起こしてしまった訳だが、
材を抜き終わったあと、ケースに戻してあげると
オスは直ぐ様、メスを追っかけ始めて合体しようとしていた\(◎o◎)/!
さっきまで冬眠していたんだよ。
起きて直ぐそれかい!!。


170113-018.jpg
材とおぼしき物が


170113-019.jpg
170113-020.jpg
形としては半円残っているが、ほとんど食べられているね。


170113-021.jpg
170113-022.jpg
もう1本の方は、皮を残して全部ありませんでした。

これだもの幼虫が側面に出てくるわけだ。

どれだけの幼虫がいるのだろう???。




170113-024.jpg
170113-025.jpg
右上の幼虫、大きい幼虫に噛まれていました.....。
まだかなり動いてはいるのですが、ダメでしょうね......。
共食いなのかな?。
ただ掘り進んでいた先に居ただけなのかな?。


170113-027.jpg
うわっ.......
思っていた以上に居た。
これは大きいサイズの方。


170113-028.jpg
170113-030.jpg
入れているバットは同じ物なので、どれぐらい大きさが違うかわかりますよね。


170113-033.jpg
これぐらい違う。

あっ、小さいのが小さいのに噛まれる!!。




小ケースのマットと、残りの材2本を入れて
幼虫も入れて終了。

大きのと小さいのを分けようか迷いましたが、
そのまんま同居にしました。


170113-036.jpg
一生懸命、掘り進んでいます。



思っていたより居ましたね。

大きいの13匹に、小さいの7匹、★1。
それと初期段階で別居させている3匹。

きちんと割り出ししていればもっと居たかもしれませんが、
そんなに数が要るわけでもないのでね。
これからも共食い?、ケンカ?で数が減るかもしれませんが、
それはそれで良いんです。
自然環境に近いような感じで、強いものが生き残るという事で。

でも、夏を乗り切れないかもしれませんが.......。
温度管理が出来ないので、高温の為に死んでしまうかも?......。
何かいい対策でも、夏までに調べておくか。







関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://perversity3kabuto.blog.fc2.com/tb.php/4-9cbab8cd

profile

per-k (perversity-kabutomushi)

Author:per-k (perversity-kabutomushi)
あることがキッカケで、カブトムシ採集と飼育をしています。
自己採集のクワガタも。
最近は外産にも手を出し始めています。
本格的なブリードは今年(2017)からの初心者です。

entry
comment
freearea
皆さんの更新状況
category
国産カブトムシ (24)
KI-BENI血統 (終了) (4)
道産子カブトムシ  (16)
道産子カブトムシ (KU産) (ボンズくん血統) (1)
道産子カブトムシ (KU産) (per-k血統) (2)
カブトムシWE (終了) (1)
外産カブトムシ (40)
アヌビスゾウカブト (終了) (0)
エレファスゾウカブト (7)
グラントシロカブト (終了) (3)
クリイロムナクボサイカブト(ピンギス) (終了) (2)
コーカサスオオカブト (終了) (1)
ゴロファ クラビゲールタテヅノカブト (1)
ティティウスシロカブト (1)
パウリアニ ヒメカブト (終了) (1)
ネプチューンオオカブト (3)
バラタスサスマタサイカブト (1)
フローレンシスニセヒメカブト (2)
ヘラクレス・オキシデンタリス (終了) (0)
ヘラクレス・ヘラクレス (終了) (3)
ボグティヒメゾウカブト (終了) (3)
マヤシロカブト (1)
ロンギチョンペルスミツノカブト (10)
ヨツボシヒナカブト (1)
国産クワガタムシ (25)
アカアシクワガタ (4)
アマミノコギリクワガタ (1)
オキナワノコギリクワガタ (3)
クメジマノコギリクワガタ (2)
クロシマノコギリクワガタ (1)
コクワガタ (1)
スジクワガタ (1)
トカラノコギリクワガタ (4)
ノコギリクワガタ (MA産) (ボンズくん血統) (1)
ノコギリクワガタ (道産) (終了) (6)
ミヤマクワガタ (道産) (終了) (1)
外産クワガタムシ (138)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 Blanchardi ) (終了) (2)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 castaneus) (4)
アスタコイデスノコギリクワガタ (亜種 pallidipennis) (3)
アンティローぺノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ウォレスノコギリクワガタ (原名) (6)
エレガントゥルスコクワガタ (亜種・不明) (3)
オキピタリスノコギリクワガタ (原名亜種) (5)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種・不明) (7)
サバゲノコギリクワガタ  (亜種 surtur ) (3)
スツラリスノコギリクワガタ (原名) (5)
スペキオススシカクワガタ (終了) (1)
ゼブラノコギリクワガタ (亜種 nobuyukii ?) (5)
タランドゥスオオツヤクワガタ (15)
デキピエンスノコギリクワガタ (原名) (1)
ドルサリスノコギリクワガタ (原名亜種) (1)
ニジイロクワガタ (WE) (1)
パプアキンイロクワガタ (終了) (4)
ビソンノコギリクワガタ (亜種 cinctus) (1)
ビプラギアトゥスノコギリクワガタ (亜種・不明) (6)
ファブリースノコギリクワガタ (亜種 タカクワイ) (11)
フクスクノコギリクワガタ (原名) (3)
フルストファーノコギリクワガタ (亜種 colfsi) (4)
ブッダノコギリクワガタ (原名亜種) (2)
ブルイジンノコギリクワガタ (亜種 rufulus) (7)
フォルケプスノコギリクワガタ (1)
フォルスターフタマタクワガタ (原名亜種) (2)
フォルスターフタマタクワガタ (亜種 Kiyotamii) (2)
ベリコサツヤクワガタ (終了) (4)
メタリフェルホソアカクワガタ (終了) (3)
メリー・メンガタクワガタ (9)
モーニッケノコギリクワガタ (原名亜種) (3)
ラフェルトノコギリクワガタ (原名) (11)
ブンブン (10)
アオカナブン (再開) (3)
インカツノコガネ (終了) (2)
シロヘリオオツノカナブン (4)
ニジイロカナブン (1)
昆虫採集 (59)
雑記 (23)
菌床・マットなど (8)
飼育用品など (5)
通販やSHOPなど (1)
着弾!! (14)
プレ企画 (17)
増種 (1)
産卵セット (2)
archive
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

link
form
rss
fc2counter
copyright
北海道でカブトムシ